【橋本英郎】プロサッカー選手とチャリティー。世界中で広がる“輪”に目を向けてほしい

カテゴリ:特集

橋本英郎

2018年06月05日

知られていないところでさまざまな活動が

橋本自身も慈善団体への寄付やチャリティーイベントの開催など、オフの時間を利用して積極的な活動を続けている。写真提供:橋本英郎

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの開幕が近づき、いよいよ日本国内でも盛り上がりを見せていますね。そんななか、今回は少し違った切り口のコラムを書いてみようと思います。
 
 サッカー選手の人物像やプレーについてはさまざまな記事を目にしますが、なかなかスポットライトが当たらない活動に目を向けます。国内外の選手たちが取り組んでいる慈善活動についてです。
 
 みなさんは『Common Goal(コモン・ゴール)』というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドのファン・マヌエル・マタ選手が手掛けているチャリティー活動で、ボルシア・ドルトムントの香川真司選手も賛同しています。自身の収益の1パーセントをチャリティーとして寄付する活動になります。
 
 スポーツを通して世界中の選手たちが協力し合い、チャリティー活動によって社会貢献を果たしていく。こうした活動は盛んに行なわれていて、現在はマタ選手のほかにも、マッツ・フンメルス選手(バイエルン・ミュンヘン)、ジョルジョ・キエッリーニ選手(ユベントス)といった第一線で活躍する選手に加え、アメリカ女子代表のミーガン・ラピノー選手、アレックス・モーガン選手ら女子選手も参加し、選手の輪は徐々に広がりつつあります。
 
 コモン・ゴールを運営するストリート・フットボール・ワールドは、ベルリンに拠点を置く非政府組織。メンバーから受け取った寄付金は彼らを媒介し、サッカーを通じて社会問題に取り組んでいる世界各地の慈善団体に分配されているようです。
 
 日本国内の外国籍選手も精力的です。例えば、鹿島アントラーズのペドロ・ジュニオール選手。僕にとってはガンバ大阪、ヴィッセル神戸時代のチームメイトで、その際にも取り組みについて話を聞いていました。ブラジルの貧しい地域の方々に毎年、食料などの物資を届けています。
 
 東京ヴェルディのカルロス・マルティネス選手は、3つの活動に対して毎月寄付を行なっています。国境なき医師団、セーブ・ザ・チルドレン、動物愛護団体といった多様な分野だけでなく、スペインでは支援を必要としている団体や個人が載せられる情報サイトがあり、彼の中で賛同、支援したいと思うものがあればそちらを通して、寄付をしているようです。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ