【藤田俊哉の目】3バックの次なるステップは長谷部を“リベロ”にした可変システムへの熟成だ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月31日

大島がフル出場でチームの“つなぎ”として計算できたのは収穫

完敗に終わってしまった事実は否めないが、藤田氏はガーナ戦をテストと捉えれば悪い印象はないと語る。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ガーナを迎え撃った西野ジャパンの初陣は、0対2の完敗に終わったが、個人的なイメージは悪くない。この試合が本番だったら絶望的だが、あくまでテストマッチのひとつにすぎない。海外組と国内組のコンディションの違いなどがあるなかで、限られたトレーニング回数で調整の難しさもある。3バックシステムを筆頭に、可能な限りのテストができたのはむしろ収穫だった。

 もっとも、試合展開だけを見れば最悪だった。前半9分に失点して後手を踏み、巻き返しを図りたい後半にも同じく開始6分で失点を喫した。先に失点を許せば、ゲームプランの変更が迫られる。日本がワールドカップで相手より先に失点するということは、イコール敗戦を意味する。無失点で試合を進めていくことは、本大会に向けての必須条件となる。

 攻撃に関しては、ハリルホジッチ時代に比べて、“つなぎ”の部分を大事にするサッカーになったという印象を受けた。その象徴として存在感を発揮していたのがボランチの大島だ。もっとも、ゴールに直結したプレーという点ではまだまだ物足りないが、彼自身、日本代表としてこの日初めてフル出場したが、90分を通して攻守にわたってチームの“つなぎ”として計算できることを証明したのは大きな収穫だろう。
 
 ウイングバックに採用された長友のストロングポイントもかなり目立っていたし、右の原口も彼の走力が生かされていた。おそらく本職の酒井宏が復帰すれば、右サイドのオプションも増えることになるのだろう。しっかりポゼッションしながら相手の両サイドのスペースを突いていく、スムーズなサイド攻撃からいくつかチャンスも作ることができていた。ノーゴールに終わったのはいただけないが、チームとして攻撃のイメージはしっかり持ちながらプレーしていたのは素直に評価できる。

 攻撃陣の顔ぶれを見ると、前半は大迫、本田、宇佐美をテストし、後半には柴崎、武藤、岡崎、香川など、さまざまなカードを切っていった。攻撃の組み合わせについては、おそらく対戦相手によって変わってくるのかもしれないが、守備に関してはより緻密な連係が求められるだけに、対戦相手によって大きく変えるという訳にはいかない。スタメンの顔ぶれはガーナ戦がベースとなるのではないだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ