「世紀の大失態!」「なにやってんだ!」リバプール守護神のあり得ないミス連発に世界驚愕!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月27日

ベンゼマはビッグプレゼントを手に入れた

キャリア最大のゲームで痛恨のミスを繰り返したカリウス。リバプールでの今後はどうなるのか。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 世界最高峰の舞台で、痛恨の凡ミスが繰り返された。
 
 5月26日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ決勝、レアル・マドリーvsリバプールの大一番。0-0で迎えた51分だ。
 
 マドリーのトニ・クロースが裏のスペースに放ったロングパスはそのままリバプールの守護神、ロリス・カリウスの手元へ。キャッチしたドイツ人GKは素早く右サイドへアンダースローでの展開を試みる。そこで、まさかのビッグミステイク。カリウスの右手から離れたボールは、その動きに呼応していたカリム・ベンゼマが伸ばした足に当たり、なんと無人のゴールへ……。
 
 カリウスは主審に異議を唱えるも接触はいっさいしておらず、ジャッジが覆るはずもない。ノーエクスキューズのイージーミスである。

 
 世界中のメディアはこのプレーを最大限の驚きとともに報じた。リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は「世紀の大失態。リバプール・ファンの呼吸を止めるのに十分な酷さだ」と断じ、速報ページの書き込み欄には批判が殺到。「いったいなにやってんだ!」「集中力の欠如にもほどがある」「あんなプレーがファイナルで……信じられない」と非難ごうごうだ。
 
 英紙『Mirror』は「インクレディブルとしか言いようがなく、滑稽と表現してもいいだろう。ユルゲン・クロップ(監督)はこの夏のチーム補強で、トッププライオリティーをどのポジションに置くべきかが分かったはずだ」と評した。カリウスの母国ドイツの全国紙『Welt』は「キエフの夜に突然の大停電。どうしてあんなプレーが起こったのか。ワールドクラスが集ったゲームでひとりだけ、一定水準を満たしていなかった」とばっさり。
 
 さらにフランスのサッカー専門誌『France Football』は「一瞬、目撃した誰もが自分の目を疑った。あれほどの緊迫したゲームでなぜあんな“事件”が起きたのか。素晴らしい攻防戦に水をさしてしまった」と記した。スペインの全国紙『Marca』は「ベンゼマの執念が結実し、プレゼントをゲットした。カリウスは悔やんでも悔やみ切れないだろう」とレポートしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ