「僕のせいで負けた」…“世紀の凡ミス”を犯したリバプール守護神カリウスが涙の謝罪

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月27日

人目をはばからずに涙したドイツ人GKは謝り続けた…。

悔しさのあまりに大粒の涙を流したカリウス。この経験を糧としてもらいたいものだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 その失態が、結果として、チームの士気を下げてしまったのは言うまでもなかった。

 5月26日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ決勝、連覇中の王者レアル・マドリーに立ち向かったリバプールは、ゲーゲンプレスを拠り所に相手にハイプレッシャーを仕掛け、隙を見せずにゲームプラン通りに試合を進めていた。

 そんな中、スコアレスで迎えた51分にそれは起きてしまった。

 マドリーのトニ・クロースが裏のスペースを狙ってロングキックを蹴り込むも、ボールはそのままリバプールの守護神ロリス・カリウスの元へ。これをキャッチしたドイツ人GKは速攻を仕掛けようとしたのか、素早い展開を試みる。がしかし、カリウスの右手から離れたボールはカリム・ベンゼマが目一杯伸ばした右足に当たり、無人のゴールへと吸い込まれた。

 カリウスのミスはこれだけにとどまらない。その後、1-2と1点のビハインドを背負うなかで迎えた83分、左サイドから仕掛けたガレス・ベイルのミドルシュートを真正面でキャッチしにいくも、まさかのファンブル……。ボールは無情にもゴールへと入ってしまったのだ。

 これがCL決勝に出場する選手のプレーかと疑いたくなるような痛恨のミスを犯したことで、カリウスはメディアから「世紀の大失態。リバプール・ファンの呼吸を止めるのに十分な酷さだ(Liverpool Echo)」と断じられた。

 当然、何より本人がミスの重さを理解している。試合終了直後には、人目をはばからずに泣き崩れ、リバプール・ファンに謝罪もしていたドイツ人GKは、地元メディア『Talk Sport』のトラッシュインタビューで自身の胸の内に去来する想いを語った。その口から飛び出したのはとにかく謝罪の念だった。
 

――◇―――◇――

 今は何も考えることができない。今日は僕のせいでチームが負けてしまった。

 みんなに対して申し訳なく思う。本当にみんなにさ。チーム、クラブに申し訳ない。僕のミスで大きな代償を払うことになってしまった。もしも、あの時に戻れるものならそうしたい。今は申し訳ない気持ちでいっぱいで仕方ない。とにかく、みんなをがっかりさせてしまったんだ。

 ロッカールームじゃ、誰も多くは語らなかった。みんなは僕を励ましてくれたけど、同時にこの結果にも肩を落としていて、静まり返っていた。

 今はとても辛い。だけど、これがゴールキーパーの人生だ。少し時間はかかるだろうけど、僕はもう一度出直さなくてはならない。今はとにかくすべての人に、タイトルを逃してしまったことを謝りたい。本当に申し訳ない……。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ