【日本代表】まさに対極のアプローチ!「ハリル流」と「西野流」はどこがどう違う!?

カテゴリ:日本代表

飯間 健

2018年05月26日

愛弟子は「ここぞ、のタイミングで喋るひと」と評する

選手の動き、質、コミュニケーションをじっくり観察する西野監督。Jクラブを率いていた頃と変わらぬ佇まいだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ハリルジャパン始動日となった2015年3月23日の光景は、いまだ鮮明に焼き付いている。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を先頭に、選手だけではなくコーチングスタッフ、そして当時技術委員長を務めていた霜田正浩氏(現J2レノファ山口監督)も一緒にランニングをこなした。徐々にハリルホジッチ氏だけが周回遅れになっていったものの、選手たちは隊列を崩さずに10周以上。わずか30分弱で初日のトレーニングを終えた。
 
 あれから3年2か月の時を経て、急きょ、ハリルホジッチ氏から西野朗監督にバトンは渡された。初日は海外組のみ参加のトレーニング。負傷を抱える岡崎慎司は別メニューで、乾貴士は宿舎でリハビリとなったが、負荷の軽いランニングやボールタッチで汗を流した。約2時間、西野監督は黙って選手たちの動きを静かに観察していた。
 
 練習中は選手に声を掛けることもなかった。主に「選手とのコミュニケーションや信頼関係の部分が多少薄れてきた」との理由で解任されたハリルホジッチ氏は、合宿では選手を個々に呼び出し、何分間も身ぶり手ぶりのレクチャーを繰り返した。もちろん、一方的な会話はコミュニケーションではないが、選手との接触を積極的に図る“動的”指揮官だっただけに、西野監督とは対極のアプローチと言っていい。
 
 まだ本格的な戦術練習を行なっていない段階なので、西野監督の代表指揮官としての手腕は未知数だ。とはいえ、日本人ならではのメリットはある。やはり言葉の壁だ。
 
「日本人同士ですし、通訳がいないのでストレートに言葉が入ってくる」。そう語るのはガンバ大阪時代の愛弟子であるFW宇佐美貴史だ。
 
 コミュニケーションとは互いの意思疎通や感情、思考を伝達し合うものである以上、その点はハリルホジッチ氏よりもアドバンテージがあることは間違いない。また多くの関係者が証言するように、西野監督は自身からメッセージを発信していくタイプではなく、まず相手に対して聞く耳を持つタイプ。そして「ここぞ、のタイミングで喋るひと。ひと言、ふた言でズシリと重みがある言葉を発する」(宇佐美)。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ