W杯 窮地のスペイン代表 必要なのは信念を貫く覚悟と矜持だ

カテゴリ:国際大会

下村正幸

2014年06月18日

ミスを謝罪したカシージャスは、チームを鼓舞するスピーチを。

百戦錬磨の選手が揃うだけに、切り替えはうまくいっているようだ。強いスペインが戻ってくるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 スペイン代表は、優勝した前回大会も黒星スタートだった。しかし、スイスに最少得点差で敗れた4年前と異なり、今回はオランダに1-5の大敗。2008年のEURO(欧州選手権)からメジャー大会3連覇中の常勝軍団が、屈辱にまみれた。
 
 ただ、言うまでもなく、これですべてが終わったわけではない。次戦のチリ戦(6月19日)は、ビセンテ・デル・ボスケ監督がグループリーグ突破に向けてのポイントと位置付けていた試合で、実際、指揮官はすぐに頭を切り替えた。
 
 オランダ戦がタイムアップするや、一人ひとり選手を労ったデル・ボスケは、試合翌日、予定になかった記者会見を急きょ開いた。その席で試合後のロッカールームの様子を明らかにしながら、チームの前向きな姿勢をアピールした。デル・ボスケによれば、キャプテンで守護神のイケル・カシージャスが、失点につながった自らのミスを謝罪するとともに、熱いスピーチでチームメイトを鼓舞したという。
 
 メディアの反応は、いささか過敏で過激だった。とくに、以前から世代交代の必要性を訴えていた一部の急進派メディアは、「サイクルの終焉」と書き立て、プレースタイルに疑問を投げかけた。
 
「スペインはポゼッション重視のサッカーを基本コンセプトにしているけど、もう攻め勝つしかないんだ。このチームにはゲームをコントロールしながら、アグレッシブにゴールを目指す戦い方ができる人材が揃っている」
 というセスク・ファブレガスの発言や、シャビ・アロンソが語った、
「スペイン代表には様々なタイプの選手がいる。大量得点での勝利が必要な状況を考えれば、もう少しリスクを負った戦い方をしてもいいんじゃないかな」
 とのコメントを引用しながら、デル・ボスケの采配を責め、選手起用やスタイルを変える必要があると、そう訴えた。
 
 かつてない逆風に晒されているスペイン代表。この荒波を、はたして切り抜けられるのか。
 
 思い返せば、近年のスペインの快進撃は、今年2月に他界したルイス・アラゴネス前監督が周囲の圧力に屈せず、信念を貫いたその結果だ。重鎮のラウール・ゴンサレスを外し、テクニックに優れたバルセロナ勢を中心とした「ティキ・タカ」(ショートパスをつなぐバルサ流のサッカー)を追求する決断が、常勝軍団を作り上げたと言っていい。
 
 デル・ボスケと選手たちにいま必要なのは、信念を貫く矜持と覚悟だ。
 
文:下村正幸
【関連記事】
スペイン対オランダ|スコア&フォーメーション
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|スペイン編
スペイン代表のダビド・ビジャ ワールドカップ終了後にアメリカへ
【スタイル分析】バルサのポゼッション至上主義がすべてのベース|スペイン
【W杯キープレーヤー解体新書】アンドレス・イニエスタ|攻撃的MFとしてのクオリティーは世界屈指

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト いよいよ大詰め!
    4月4日発売
    アーセナル、リバプール、
    マンチェスター・シティ
    プレミア3強 徹底解剖
    歴史的な三つ巴は最高潮へ!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ