【W杯キープレーヤー解体新書】アンドレス・イニエスタ|攻撃的MFとしてのクオリティーは世界屈指

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年06月13日

キープ力の高さはシャビを上回り、最終ラインを崩す能力も高い。

イスコやマタを寄せ付けず、左ウイングの不動のレギュラーとして君臨するイニエスタ。 (C) Getty Images

画像を見る

 シャビ、シャビ・アロンソと並び、バルサ・スタイルのポゼッションサッカーを担うキープレーヤー。3人の中ではもっともアジリティーが高く1対1の突破力をはじめとする攻撃力を備えている一方、守備力はもっとも見劣りする。バルサでは主に左インサイドハーフを担うものの、代表ではシャビ・アロンソとの共存を図るため、ポジションを1列上げて左ウイングとしてプレーする。
 
 とはいえ、中盤でも、前線でも、そのプレースタイルに大きな変化はない。ワンタッチ、ツータッチでボールを捌き、前にスペースがあればドリブルで持ち上がり、最後の30メートルで前を向けば1対1やワンツーで最終ラインの裏に抜け出そうとする。
 
 もちろんチャンスがあればシュートを狙うが、たとえ前線でプレーしていても、フィニッシュを目的としてプレーするアタッカーではなく、よりゴールに近いゾーンで攻撃的MFとしてみずからのプレーに徹する。常に足下にボールを要求し、そこからパスやドリブルで仕掛けるというプレーがほとんどで、オフ・ザ・ボールで裏のスペースにダイアゴナルに走り込むといった、ウイング的なプレーを見せる場面はほとんどない。
 
 その代わり、攻撃的MFとしてのプレーのクオリティーは世界でも指折り。キープ力の高さはシャビをも上回り、2、3人に囲まれてもボールを失わない。他のふたりと比べるとスピードとアジリティーが高く、1対1の突破やワンツーを使い、みずから縦に突破して最終ラインを崩す力がある。
 
 ウイングとして相性のいいセンターフォワードは、足下のテクニックとスピード、アジリティーを備え、狭いスペースの中でも周囲とのコンビネーションでフィニッシュを狙いにいけるテクニカルなタイプ。スペイン代表の中ではF・トーレスよりもビジャがこれに近い。
 
 ビジャなら、コンビネーションでイニエスタを使い、また使われることができるだけでなく、タイミングの良い裏への飛び出しでラストパスを引き出したり、鋭い動きでマークを外してグラウンダーのクロスに合わせたりもできる。
 
 イスコやマタといった優秀な選手を寄せ付けず、不動のレギュラーとしての地位を確立している事実が、イニエスタの偉大さを象徴的に表わしている。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
 
※『ワールドサッカーダイジェスト 出場32か国戦術&キープレーヤー完全ガイド』p23より抜粋。
【関連記事】
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|スペイン編
【スタイル分析】バルサのポゼッション至上主義がすべてのベース|スペイン
GROUP B 日程・結果
バルサがセビージャのクロアチア代表MFラキティッチを獲得
バルセロナ コロンビア代表のクアドラードに照準。近日中に動きがあるか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ