J2得点ランク首位を走る22歳が衝撃弾!「ベスト5ゴール」の2位評価に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月14日

得点ランキングトップを走るオナイウは巧みな位置取りを見せ…

今季浦和から期限付き移籍で山口に加入したオナイウ。今季はここまでエースとして奮迅の働きを見せている。写真:田中研治

画像を見る

 5月14日、「DAZN週間ベスト5ゴール」が発表され、J2では徳島の若武者・小西雄大が叩き込んだスーパーボレー弾がトップ評価を受けた。

 ただ、それ以外にランクインしたゴールも必見。2位以下に入ったオナイウ阿道(山口)のボレーシュート、セルジーニョ(松本)のコントロールショット、伊藤涼太郎(水戸)のパワフルな一発、渡邉新太(新潟)のテクニカルな一撃は見応え十分。なかでもオナイウのゴールは周囲の度肝を抜く圧巻の一撃だった。

 12日、ホームで行なわれた東京V戦に先発出場したオナイウは、0-2で迎えた72分。ショートコーナーの流れから三幸秀稔が左クロスを入れると、背番号19は巧みなポジションニングでフリーに。一瞬の駆け引きでペナルティーアーク付近に陣取ると、豪快に右足を振り抜いたのだ。
 これが見事にネットに突き刺さり、反撃の狼煙を上げるゴールを奪った。さらにオナイウは3-2と逆転して迎えた後半アディショナルタイムに、勝負を決定付ける4点目も奪取。その直後、東京Vに1点を返されたが、2ゴールを奪ったオナイウがチームを勝利に導いた。

 オナイウは東京V戦の2発で今季のゴール数は9となった。得点ランキングもトップに立っており、今季浦和から期限付きでやってきた男は驚くべき決定力で得点を量産している。次節も豪快なショットが見られるか。今後も若きストライカーのプレーから目が離せない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ