スゴ技連発!絶妙FK弾に50m超のゴラッソ!今節のベスト5ゴールの1位は?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月14日

天野の圧巻FK弾を抑え、1トップ評価は藤本の超ロングシュート!

迷いのない判断でゴールを打ち抜いた藤本。50m超のロング弾は大きな話題を呼んだ。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 14日、DAZNの公式ツイッター上で「DAZN週間ベスト5ゴール!」が発表された。

 今節、J1では数々のスーパーゴールが誕生。藤本淳吾(G大阪)の50メートルオーバーのロングシュート弾や、コースとスピードともに申し分のない天野純(横浜)の直接FKなど、見応え十分の鮮やかな一撃がずらりと並んだ。

 そのなかでトップ評価を獲得したのは、藤本だった。12日の横浜戦で後半頭からピッチに立った元日本代表のレフティーは52分、中央でパスを受けるとGK飯倉大樹が高い位置を取っていた隙を見逃さずに左足を一閃。ハーフライン手前の50メートル以上離れた位置だったが、ボールはゴールマウスへと吸い込まれて衝撃弾が生まれた。

 同じ試合で誕生した天野純の直接FK弾は惜しくも2位。62分にFKのチャンスを獲得すると、左足で直接ゴールにねじ込んだ。こちらも藤本のゴールに負けずとも劣らないファインショットで、Jリーグでもトップクラスのキック精度を改めて証明した。

 3位以下にはロシア・ワールドカップ出場を目指す日本代表の伊東純也(柏)、小林悠(川崎)のゴールがランクイン。5位には首位広島を牽引する点取り屋・パトリックの得点が選出されている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ