「お別れ会を急襲したゲスト」「相手を失望させた」 ドルトムント撃破に貢献した武藤嘉紀を独紙が激賞!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月06日

今季8点目でマインツを残留に導く!

難敵ドルトムントから勝点3を奪って残留を決めたことで、武藤の表情も晴れやかだった。 (C) Getty Images

画像を見る

 技ありのゴールでチームを残留へと導いた日本代表FWには、多くの賛辞が寄せられている。

 5月5日(現地時間)、ブンデスリーガ第33節が行なわれ、マインツは2-1でドルトムントに勝利。2試合連続で先発起用された武藤は、2点目のゴールを挙げる殊勝なパフォーマンスを見せた。

 前節のRBライプツィヒ戦では2ゴールに絡む活躍で勝利を呼び込んでいた武藤は、難敵ドルトムントとの一戦でも輝きを放つ。見せ場となったのは13分だ。

 左サイドからパブロ・デ・ブラシスがクロスボールを蹴り込むと同時に動き出してマーカーを外すと、ニアサイドに走り込み、ハイボールを頭で合わせてコースを変え、ドルトムント・ゴールへ流し込んだ。

 今シーズン8ゴール目を決めた武藤。2015年の夏にブンデスリーガに挑戦してから3年目で、キャリアハイの数字となった。

 後半は攻勢を強めるドルトムントに対し、チームが守勢に回ったことで自身にビッグチャンスは訪れなかったが、87分にベンチへ下がるまで守備で奔走。マインツの逃げ切りに貢献した。

 敵地でドルトムントから挙げた会心の勝利により、今シーズンのブンデスリーガ残留を決めたマインツ。そんなチームのメインキャストとなった武藤を、複数の現地メディアが絶賛している。

 ドイツ全国紙『Bild』は、ドルトムントのベテラン守護神ロマン・ヴァイデンフェラーにとってこの試合が本拠地でのキャリア最終戦だったことに触れ、「マインツがお別れ会を台無しにした」と綴りながら、武藤のゴールについて次のようにレポートした。

「ムトウはヴァイデンフェラーとドルトムントのお別れ会を急襲したゲストの一人だ。日本代表のヘディングシュートは、(マーカーの)トプラクをかわしての見事なものだった」

 また、ドイツ紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』も、「マインツがクーデターを起こした」と、ヴァイデンフェラーの本拠地最終戦がまさかの結果に終わったと報じるとともに、武藤のパフォーマンスを褒めちぎっている。

「この敗戦は、81360人のドルトムント・ファンの大半を失望させた。しかし、技術的にも、戦術的にも、相手を上回ったマインツは見事だ。とりわけムトウとエズトゥナリの迅速なカウンターは、ドルトムントを脅かした。ムトウはクールで、高精度のヘディングシュートを沈めて、ドルトムントを突き放すことに貢献した」

 見事、残留に貢献して称賛を贈られた武藤。本人が来シーズンからのプレミアリーグ挑戦を口にしていることを考えれば、5月12日に本拠地で行なわれるブンデスリーガ最終節のブレーメン戦は、マインツでのラストマッチになるかもしれない。

 FC東京から鳴り物入りでドイツ・サッカー界に飛び込んでから3年。日本代表の韋駄天は、その集大成を見せつけられるのか。大いに注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ