【週刊サッカーダイジェストの目】敗戦の中にも見られた光明。日本に先制点を呼び込んだ「ロングフィード」がポイントだ

カテゴリ:日本代表

原山裕平

2014年06月16日

ゴール前で粘り強いディフェンスを見せていた”ふたり”

ゴール前で身体を張った守りを見せた山口。攻撃面での課題は残ったが、守備での存在感は際立った。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 スコア的には1点差だが、完敗と言える内容で日本はコートジボワールに屈した。持ち前のパスワークは鳴りを潜め、局面の争いではまるで太刀打ちできない。守備でも相手の圧力の前に臆病風を吹かせ、ラインはずるずると下がるばかり。コンパクトさを欠いた日本に組織力を求めることは難しく、ただただ成す術なく翻弄されるのみだった。指揮官の采配も不可解で、修正策も講じられない。あまりにも不甲斐ない敗戦だった。
 
 およそ簡単にはショックを拭い去れない試合となったが、まだ1試合を終えただけ、という見方もできる。もちろん、敗退の危機に立たされた事実に変わりはないとはいえ、可能性がある限り、この敗戦を糧とし、次の試合に切り替えるしかないだろう。
 
 だからここでは敗因を指摘し、パフォーマンスを批判するのは止めておこう。この敗戦の中で見えた「光明」を抽出し、残り2試合へのポジティブな材料としていきたい。
 
 まず個人に目を向ければ、山口と森重のパフォーマンスには見るべきものがあった。いずれも昨夏の東アジアカップ以降に台頭したふたりは、すでにこのチームになくてはならない存在へと成長を遂げている。
 
 山口はコートジボワール戦を「不完全燃焼だった。守備で行けた部分もあれば、迷惑をかけた部分もある」と振り返ったが、ボールホルダーに対する鋭いチェックと広範囲を埋めるカバーリングで貢献。相手のシュートに対してもしっかりと身体を投げ出していたのは評価できる。
 
 一方の森重は、ドログバにはやや翻弄されたものの、トゥーレ・ヤヤの突破には粘り強く対応するなど、決して悪くはない出来だった。山口と同様シュートブロックの場面も目立ち、多くのピンチを防いだ。ふたりの奮闘がなければ、日本はさらに失点を重ねていた可能性も否定できない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ