「日本の奇跡だ!」トルコ紙が長友佑都のピッチ内外のパフォーマンスを大絶賛

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月02日

ベジクタシュとの首位攻防戦で見せた奮迅の働きを称賛

ベジクタシュ戦で託されたのは、相手エースのカレスマの封じ込め。このタスクを見事に完遂した長友は、試合後にテリム監督と歓喜の抱擁を交わす。(C) Getty Images

画像を見る

 日本代表SBへの評価がうなぎ上りだ。

 今冬の移籍市場でインテルからシーズン終了までの期限付きで、トルコの強豪ガラタサライへとやってきた長友佑都。加入してまもなく定位置を奪取すると、ここまで12試合連続のスタメンフル出場を果たしている。

 現地4月29日に行なわれた2位ベジクタシュとの首位攻防戦でも、奮迅の働きを見せた。攻撃では果敢なオーバーラップからブラジル代表MFフェルナンドの先制ゴールをアシスト。かたや守備では、対峙したポルトガル代表MFのリカルド・カレスマを見事に封殺し、2-0の完封勝利に多大な貢献を示した。

 そんな長友に賛辞を贈ったのがトルコ全国紙『SABAH』だ。「日本の奇跡! ユウト・ナガトモ」と銘打って稀代のダイナモをフィーチャーしている。
 

 まず、ベジクタシュ戦の出来について触れた同紙は、「ナガトモはフェルナンドの先制ゴールを導き、対戦相手のクアレスマを打ち負かした。その献身とパフォーマンスにはファンから拍手喝采が贈られた」と綴る。さらに、長友のピッチ外での振る舞いにも注目。理学療法士や専属シェフを付けて健康を維持している一面について、「道徳心とプロフェッショナリズムを持っているナガトモは、栄養を摂取する重要性を理解し、常に自身に特別なトレーニングを課している」と、日々のストイックな姿勢が成功に繋がっていると称えた。

「ワールドカップの11人に入るためにピッチ内外でハードワークする姿が、チームメイト、そしてファンからも好感を得ている」とされた長友。カルチョでも見せつけた持ち前のコミュニケーション力と愛されキャラを、トルコでも存分に発揮している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ