【W杯キープレーヤー解体新書】リオネル・メッシ|3秒間で試合を決定づける天才

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年06月15日

コンディションによっては致命傷になりかねない。

誰もが認める世界最高のフットボーラーを、「両刃の剣」とロッシ氏が結論づけたその理由とは――。 (C) Getty Images

画像を見る

 誰もが認める世界最高のフットボーラーだ。メッシがピッチに立っている、それだけでチームの勝利は義務づけられる。敵に与える不安と恐怖、味方に与える自信と信頼感は極めて大きく、常にゲームの行方を左右する存在だ。
 
 ブラジルにおけるネイマールと同様に、メッシに1対1で仕掛けられたら、阻止するのは至難の業。守備側は少なくとも2人のマーカーをつけざるをえない。そして他のアタッカーはその恩恵を受け、小さくないスペースを得る。バルセロナでも代表でも相乗効果は絶大だ。
 
 サベーラ監督がポゼッションサッカーにこだわるのも、そのアドバンテージを活かしたいがゆえだろう。メッシの長所を最大限に引き出せるのは、バルセロナのスタイルである。問題は、アルゼンチン代表にはシャビもイニエスタもいないという点だ。
 
 アタッカー陣の顔ぶれはたしかに強力だが、メッシと連係しながら攻撃のリズムを作り、崩しのパスを前線に送り込む司令塔は不在。ガゴのスキルでは明らかに不十分で、メッシは単独の仕掛けでの局面打開を強いられる。
 
 コンディションが万全の時には、そうした状況でも軽々と切り抜け、数的優位を作り出して決定機に結びつける。スピード、アジリティー、テクニック、ファンタジアとストライカーに必要な全てのクオリティーを備えた天才で、3秒間で試合を決定づける力がある。
 
 一方で、常に足下にボールを要求し、静止した状態からプレーをスタートしがちなため、守備側にとっては基準点となりやすい。バルセロナでもコンディションがさほど良くない時には、囲い込まれてボールを失うシーンが少なくない。
 
 ワールドカップのような大舞台では、たとえ調子が良くなくとも、メッシをベンチに置く決断は下せないだろう。とはいえ、そんな状態でピッチに立つメッシは、チームにとって明らかな重荷だ。守備の局面で限定的な貢献しか望めないうえ、ボールロストが頻発すれば、攻守両局面で致命傷となりかねない。
 
 いわばアルゼンチン代表にとってメッシは、両刀の剣なのだ。はたして、万全のコンディションでワールドカップに臨めるか。アルゼンチン代表の命運を左右する大きな問題だ。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
 
※『ワールドサッカーダイジェスト 出場32か国戦術&キープレーヤー完全ガイド』p74より抜粋。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ