• トップ
  • ニュース一覧
  • 「ケイスケはパチューカの心臓であり続ける」ゴラッソ連発の本田圭佑に賛辞の嵐が止まず!

「ケイスケはパチューカの心臓であり続ける」ゴラッソ連発の本田圭佑に賛辞の嵐が止まず!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月17日

欧州でも活躍ぶりを伝えるメディアが。

2戦連続ゴールを決め、好調が続いている本田圭佑。来たるロシア・ワールドカップに向けて視界は良好だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 絶好調の日本代表MFへの賛辞は止む気配がない。
 
 現地時間4月14日に行なわれたメキシコ1部リーグ後期の第15節、サントス・ラグーナ戦で1ゴール・1アシストを記録したパチューカの本田圭佑に対し、地元メディアから賛辞の声が相次いでいる。
 
 サントス・ラグーナ戦に先発出場した本田は、立ち上がりから積極的なプレーを披露すると、24分にはペナルティーエリア右手前の位置でオマール・ゴンサレスからの縦パスを受け、左に流れながら左足を一閃! 鮮やかにゴール左隅へ突き刺した。
 
 さらに30分には、センターサークル付近からの絶妙なスルーパスを供給し、エリク・アギーレのゴールをアシストしてみせた。
 
 2試合連続となるゴールでパチューカをリギージャ(決勝トーナメント)出場圏内の8位に浮上させた本田は、当然のことながら試合直後に地元メディアからベタ褒めされた。
 
 メキシコのスポーツ専門メディア『Medio Tiempo』が、「ケイスケ・ホンダが素晴らしいプレーを披露し、勝利の夜を演出した。この日本人が決めた得点はまさしく“ゴラッソ”だった」と綴るなど、その出色の出来を絶賛する声が目立った。

 

 その活躍に対する興奮は試合から一夜が過ぎても、冷める気配がない。4月16日、メキシコのサッカー専門サイト『FMF』は、15節で起きた主な出来事をピックアップする記事内で、本田のパフォーマンスを特集。「ホンダがパチューカをリギージャへ」と銘打ち、次のように褒めちぎった。
 
「ケイスケ・ホンダはこのチームの心臓と肺であり続けている。この日本代表は、パチューカのサッカーに完全に適応している。後期リーグは7ゴール・7アシストを記録し、ベストプレーヤーの一人だ」
 
 また、本田の活躍ぶりは欧州にも伝わっているようだ。
 
 スペイン・メディア『LA VANGUARDIA』は、アメリカ大陸で活躍する選手たちをピックアップする記事内で、本田のゴラッソについて「元ミランの日本代表MFは、自身のゴラッソでパチューカの勝利を呼び込んだ。強力かつ速い長距離シュートを相手ゴールへ突き刺した」とレポートし、「ホンダのおかげでパチューカは後期リーグで夢を見ている」と結んでいる。
 
 自身のセンセーショナルな活躍によってメディアの話題を独占する本田。しばらく、日本サッカー界が誇るカリスマのパフォーマンスから目が離せない。
 
 
【関連記事】
「日本人も驚いているはず」「偉大な数字だ」15戦で14ゴールに絡む本田圭佑に現地メディアも賛辞!
堂安律がふたたび鮮烈弾! 元日本代表、藤田俊哉はなぜ19歳の俊英を日本代表に強く推すのか
【セルジオ越後】なぜ後任が西野監督なのか?理由は謎だし、理解できない
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
世界中の「美女サポーター」が集結! ロシアW杯は「美人すぎる」「セクシーすぎる」と話題沸騰必至

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ