西野ジャパンのキーワードは「化学反応」!個々の特長を活かした連動性の高いチームが理想形に

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月12日

「総力を挙げて、結集したうえで選手を選考していきたい」

西野新監督は、選手の特長を活かす方向でチーム作りを進めるようだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表の西野朗監督が12日、JFAハウスで会見を開いた。その席で新指揮官が強調したのは、選手・スタッフ間の「結束力」や「信頼関係」だ。
 
 西野監督は、ハリルホジッチ前監督が提唱してきた「縦に速いサッカー」や「デュエル」などの良い部分は引き継ぎつつ、「日本サッカーの歴史のなかで蓄積してきた技術力」を発揮するために「結束力」を求め、「化学反応」を起こしていくという。
 
「選手たちがもっと自分のプレー、パフォーマンスを素直に代表チームで出せるようにしたい。ここ1か月のコンディション等を見極めたうえで、最高の化学反応が起こるチーム、グループ、良いパフォーマンスが出せるチームにスタッフが総力を挙げて、結集したうえで選手を選考していきたい」
 
 ワールドカップ開幕までの約2か月間で、新たなチーム戦術を落とし込むのは相当にハードルが高い。であれば、個々の特長を活かし、選手同士の補完関係を構築してチームを作っていくほうが、「化学反応」が起こると踏んでいるのだろう。
 
 ハリルホジッチ前監督は、攻守において局面での1対1に勝つことを重視していたが、西野新監督がフォーカスするのは、どちらかと言えば複数の選手が関わり合うコンビネーションだと言える。少なくとも前体制よりは、チーム全体の連動性は高まりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ