【ブラジルW杯】ブラジル対クロアチア戦プレビュー

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2014年06月12日

ブラジルの最大の敵は開幕戦&開催国のプレッシャーか。

戦力的には何ら穴のないセレソン。内なる敵を打ち倒すためにスコラーリ監督の果たす役割は決して小さくない。 (C) Getty Images

画像を見る

グループリーグA
ブラジルクロアチア
17:00(日本時間13日5:00)
サンパウロ・アレーナ(サンパウロ)
 
【ブラジルの視点】

 開幕戦を前にブラジルには怪我人もなく、順調な仕上がりを見せている。

 攻守ともに戦力値ではクロアチアを圧倒しているブラジルにとって、敵は開幕戦&開催国のプレッシャーか。ワールドカップ経験者がジュリオ・セーザルしかいない(チアゴ・シウバは前回控え)のも不安材料と言えるかもしれない。

 経験豊富なルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、いかにW杯初出場組のプレッシャーや緊張を緩和できるがカギだ。
 
【クロアチアの視点】

 試合に先駆け、ニコ・コバチ監督は「ネイマール対策に時間を割いてきた」と語っており、いかなるプレーを見せるかが注目される。

 また「引いて守らず、積極的に打って出る」とも語っているが、実力で明らかに上のブラジルに対し、どこまで持ち前の攻撃スタイルを貫けるか。強みはルカ・モドリッチ、イバン・ラキティッチ、マテオ・コバチッチという2セントラルMF+1トップ下の中盤センター。ここでオスカール、パウリーニョ、グスタボと互角の戦いができれば、チャンスが出てくるかもしれない。

 エースのマリオ・マンジュキッチが予選プレーオフ第2戦で退場処分を受けており、ブラジル戦は出場停止となるのは痛い。代役はニキチャ・イェラビッチかアンテ・レビッチが有力とされている。

 左SBのダニエル・プラニッチが6月6日のオーストラリア戦で足首を痛めており、代わりに守備的なドマゴイ・ヴィダか攻撃的なシメ・ヴルサリコのいずれかが起用されると見られる。
 
 
◆対戦成績&試合結果
 
ブラジル
1勝1分け
クロアチア
 
2006年6月13日 ブラジル 1-0 クロアチア
2005年8月17日 クロアチア 1-1 ブラジル
 
 
ワールドサッカーダイジェスト編集部

絶対的なエースであるマンジュキッチの出場停止で、前線での強さを失うクロアチア。この大きすぎる穴をどう埋めるか。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
ワールドサッカーダイジェスト編集長によるブラジル・ワールドカップ直前展望
【今日は何の日?】6月12日「初めて日本人がW杯で主審を務めた日」
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|ブラジル編
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|アルゼンチン編
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|スペイン編
ブラジルW杯 列強国の開幕直前ポイントチェック|イタリア編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ