「強烈なプレッシャーを受けていた」「残酷な決定」ハリル母国紙が電撃解任をリポート!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月09日

ハリルの電撃解任は「不運な運命」と綴る。

電撃解任の憂き目にあったハリルホジッチ。コートジボワールを率いた時代に続いて、ワールドカップを目前にして職を追われた。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本サッカー協会は、ロシア・ワールドカップまで2か月あまりとなった4月9日、ボスニア・ヘルツェゴビナ人指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督を解任した。
 
 その電撃的な解任騒動をハリルホジッチの母国メディアはどう捉え、いかに報じたのか。地元紙『Oslobodenje』は、「残酷な結末だ」と驚きを持って伝えている。
 
 同紙は、解任の経緯を説明した田嶋幸三会長の会見の模様に「ハリルホジッチもこの決定には驚き、怒っているだろう」とし、コートジボワール代表を指揮しながら2010年の南アフリカW杯直前にも、解任の憂き目に遭っていたハリルホジッチについて、「不運な同じ運命に見舞われた」と記した。
 

 同紙は、ハリルホジッチが解任された理由として、3月末に行なわれたマリとウクライナとの強化試合で未勝利だったこと、さらに昨年12月のアジアカップで韓国に1-4と大敗を喫していたことに触れ、「ハリルホジッチには日本のメディアから強烈なプレッシャーが与えられていた」とまとめて、次のように締めている。
 
「我が国のコーチは、開幕の67日前に、サムライブルーを率いてワールドカップに参戦する権利を取り上げられた。なんとも残酷な決定だ……」
 
 アルジェリア・メディア『ALG24』は、早くもハリルホジッチの代表監督への復帰説を唱えているだけに、その去就はしばらく注目する必要がありそうだ。
 
【関連記事】
【松木安太郎】遅すぎた監督交代…日本サッカー協会の見通しの甘さは否めないけど、もう腹をくくるしかないね
【釜本邦茂】ハリル解任は驚きだが妥当! 起爆剤は本田圭佑の1トップ起用だ!!
【日本代表】なぜこのタイミング? 理解に苦しむ解任劇
ハリルの新天地はアルジェリアか!? 地元メディアが協会と接触した事実を明かす
ハリル解任に韓国メディアも反応!「3連敗の可能性が高まった」「決定的だったのはスポンサーの不満」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ