• トップ
  • ニュース一覧
  • デ・ブルイネがプレミア年間MVPに自身を推薦! クロップ監督は「サラーが100%受賞に値する」

デ・ブルイネがプレミア年間MVPに自身を推薦! クロップ監督は「サラーが100%受賞に値する」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月04日

プレミアの年間MVPを手にするのは?

サラー(右)の活躍を認めつつ、デ・ブルイネ(左)はみずからを「プレミアの年間MVP候補」に推すが。(C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・シティは次節、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーに勝てば、4年ぶりのプレミアリーグ優勝が決まる。圧倒的な強さを見せた今シーズンのシティを支えたひとりが、ベルギー代表のケビン・デ・ブルイネだ。

 本人も自身のパフォーマンスに自信を感じているようだ。『ESPN』によると、デ・ブルイネは「ある意味で自分は、(プレミアの)年間最優秀選手にふさわしいと信じている。とても安定していたからね」と胸を張った。

「自分のプレーにはとても満足している。正直、ここまでうまくやれるとは思っていなかった。調子を落とした試合はほとんどなかったし、すごく安定していたんだ。継続してプレーしながら、高いレベルを保つことができたのはとても嬉しい」

 だが、プレミアの年間最優秀選手の有力候補は他にもいる。例えば、得点王争いでトップに立つリバプールのモハメド・サラーもそのひとりだ。

 デ・ブルイネは、「比較はできないよ。不可能だ」と、自身とサラーでは役割が異なり、比べられないと強調した。

「みんなそれぞれの意見がある。それは選手になにを求めるかによっても変わってくるはずだ。サラーは素晴らしい得点力を見せてきた。素晴らしかった。僕たちふたりの数字は、まったく異なる。先日僕は、守備的MFとしてプレーした。FWとは比べられないだろう。ただ、サラーは見事だった。彼の記録が物語っている。自分が選ぶ立場の人間じゃなくて良かったよ」

 
 もちろん、リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、サラーが受賞にふさわしいと感じている。だが、デ・ブルイネの見事なパフォーマンスも認めているようだ。

 地元紙『Liverpool Echo』によると、クロップ監督は「モー(サラーの愛称)が100%受賞に値すると思う」と述べつつ、「デ・ブルイネも見事なシーズンを過ごしていた」と続けた。

「モーは受賞に値する。だが、デ・ブルイネにまったくチャンスがないかと言えばウソになる。彼はファンタスティックな選手だし、シティはおそらく、このままプレミアを制するだろう。我々も別のトロフィーを狙えるかもしれないがね」

 チャンピオンズ・リーグの準々決勝でも相まみえるシティとリバプールだが、デ・ブルイネとサラーがプレミアを代表するハイレベルなパフォーマンスを続けてきたのは、紛れもない事実。はたして、イングランドのプロ選手たちが選ぶ年間MVPはだれになるのか。興味深い“レース”になりそうだ。
【関連記事】
勝てばプレミア制覇が決まるダービーとCLのリバプール戦、ペップがより意識するのは
【スタッツで検証】デ・ブルイネとサラーはどっちが凄い?
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね
【セルジオ越後】必死さが足りなかった本田は、見切りをつけられたかもしれない
【松木安太郎】ハリルジャパンは”チーム”になっていない。中盤の人材不足は特に深刻だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ