【松木安太郎】ハリルジャパンは”チーム”になっていない。中盤の人材不足は特に深刻だ

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2018年03月28日

システム変更も含めて考え直す必要があるんじゃないかな

マリ戦でも、このウクライナ戦でも中盤の運動量は不足していた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1-2で負けたウクライナ戦後に、選手たちは1戦目の「マリ戦よりも良かった」と言っていた。ハリルホジッチ監督も「少し成長している」というようなコメントを出していたね。厳しい目で見ると、本当にそうだったのかな、と思うよ。
 
 上手くいかない原因は何なのかと思って見ていたんだけど、やっぱり動きながらボールをもらう選手が非常に少なかった。中島が途中出場したラスト10分頃からは、スペースに動く選手へのボール供給が増えたけど、それまではほとんどなかったからね。
 
 マリ戦と同じで、ミスをしたくないとか、形にこだわっているとか、そういう部分があったのかもしれない。簡単に言うと、チームになっていないという印象を受けたよ。
 
 ウクライナ戦の立ち上がりは、バランスも悪かったし、中盤の運動量も負けていたし、ボール際でも劣勢だった。すべてにおいてマリ戦と同じような状態だったと思う。追加点を取られずに済んで良かったなというところだった。攻撃も冴えなかったよね。
 
 ハリルホジッチ監督は「縦に速い攻撃」といつも言っているけど、その形はウクライナ戦でもあまり見えなかった。タイミングが悪いというか、「今速くなくても!」という時でも速いから、選手がちょっと混乱しているように感じたくらいだ。ハリルホジッチ監督がどういうイメージで「速く」と言っているのかは分からないけど、選手との間にギャップがあるのかもしれない。速く前線にパスを供給してミスが出る場面が、マリ戦でもウクライナ戦でも多かったから、「ちゃんと全員が理解しているのかな」と疑問に思ったよ。
 
 パスを出す時に焦っているし、ミスをしたくないので足下ばかりで回してしまう。完全に悪循環だ。何が問題かというよりも、チームとしての戦うイメージが共有できていないのかなと思う。相手のプレスをどうかわしていくかが確立されていないんだ。
 
 代表チームはいつも集まれるわけじゃないから、連係が未熟なのはある意味で仕方がない。ただ、今の日本代表は運動量も少ないし、選手の距離感も悪い。2試合を通して安定しなかったんだから、システム変更も含めて考え直す必要があるんじゃないかな。
【関連記事】
【ウクライナ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリー etc.
【セルジオ越後】今回のベルギー遠征で株を上げたのは、香川や清武、吉田だね
【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
【ウクライナ戦|戦評】なぜ打たないんだ! 先発した3トップの総シュート数は驚愕の…
「マジでカワイイ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ