敵から見たポドルスキの二面性――「別格」の左足はどのエリアで脅威になっているのか

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年03月31日

「やっぱりボールを持ったらスーパーで、雰囲気もある」

現在の神戸でポドルスキは様々な役割を担っている。写真●山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ5節]柏 2-1 神戸/3月30日/三協F柏
 
 今季、神戸はパスをつないでビルドアップをするポゼッションを試みている。そのなかで、ポドルスキは後ろに落ちてゲームメイクをする時間が長くなった。
 
 1-2で敗れた柏戦でも、10番のプレーエリアは前線よりも低い位置のほうが多かった。しかし、ワールドクラスのFWが組み立て役に回るのは、やはりもったいない。
 
 実際にピッチ上で対峙した選手は、どのように感じているのだろうか。CBの視点として、中谷進之介は次のように述べた。
 
「(今の神戸は)チームとしてやっていることが(昨季と)違うので、ポドルスキ選手が後ろに下がって散らす感じだった。あそこからパスが出てくるのは怖い。(あとは)そこから前に入ってきたときのシュートを警戒していた。そこでまず負けないようにするのは意識した」
 
 たしかに、74分のゴールにつながったCKは、ポドルスキのゴール前へのフィードから得たものだ。中谷はこのフィードをクリアするのが精一杯だった。いかにCBにとって嫌なボールを送っていたかが分かるだろう。
 ポドルスキがゴールから遠くなれば、主にマッチアップするのはボランチになる。大谷秀和は近くで対応して感じることがあったという。
 
「やっぱりボールを持ったらスーパーで、あの左足の質の高さはやっぱり別格。シュートを打てる位置にいると雰囲気もある。だからボールを持った時にアプローチをするのは徹底していた。ゴールに向かって足を振る時は、ものすごく警戒をしていた」
 
 ふたりが共通して脅威に感じたのは、“前”を向いた状態でのパスやシュート。最前線でゴールに背を向けてボールを呼び込む体勢よりかは、後ろに下がられたほうが怖いのかもしれない。
 
 ちなみに、神戸が追いかける展開になった試合終盤、ポドルスキはゴール前で純粋なFWとしてプレーしていた。そして、ペナルティエリア内で胸トラップし、大きく身体を曲げながら高難度な際どいボレーシュートを放っている。それには大谷も「最後みたいに強引にシュートに持っていけるのは、やっぱりスーパーな選手だなと思う」と感嘆していた。
 
 ゲームメーカーとストライカーの二面性を持つ現在のポドルスキ。どちらになっても怖い存在であるのは間違いなく、その能力を最大限に引き出して結果につなげたい。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
【J1採点&寸評】柏2-1神戸|MOMは2ゴールの伊東!沈黙したポドルスキの評価は…
【独占激白|前編】ポドルスキが語る日本サッカー「環境が整っているわりには国民から…」
あれ? ポドルスキがドイツ代表に電撃復帰?「ロシアへの準備は万端」と驚きの写真を公開
「ポドルスキは“ひょうきん者”」ドイツの俊英FWが崇拝する英雄の素顔を明かした
日本もW杯で要警戒! 韓国代表GKが直接対決で感じたレバンドフスキの凄み

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ