「非常に厳しい試合になった」危機感を強める柴崎岳が問題視したのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年03月28日

「自分たちが取ろうとしているところで負けてしまった」

トップ下で先発した柴崎。41分には槙野のゴールをアシストした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン
 
 ウクライナに1-2で敗れた一戦で、柴崎岳は昨年9月のサウジアラビア戦以来となる先発出場を果たした。
 
 トップ下を務めた柴崎が見せ場を作ったのは、1点リードされて迎えた41分だった。敵陣左サイドで原口元気がFKを得ると、柴崎は正確なクロスを槙野智章の頭に合わせて同点ゴールをアシストした。
 
 しかし、チームは69分に再び失点。柴崎は79分に中島翔哉との交代でピッチを後にした。日本を勝利に導けなかっただけに、試合後には悔しそうな表情で「非常に厳しい試合だったと思います」と振り返った。
 
 ウクライナ戦で意識していたのはディフェンス面だったという。
 
「チーム全体として守備のやり方を(ウクライナ戦までの)3日間で詰めたつもりなんですが、取るべきところ、自分たちが取ろうとしているところの局面で負けてしまったり、スペースを使われてしまいました」
 
 ワールドカップまで3か月を切った段階で、チームとしてできることは限られている。ウクライナ戦の反省を糧に、危機感を持って本大会へ準備する必要がありそうだ。

【PHOTO】日本1-2ウクライナ|槙野の同点ヘッドは実らず。欧州遠征は1分1敗…

【PHOTO】リエージュの美食を紹介。随時更新中!

【PHOTO】リエージュでの生活をカメラマンが切り取る!
【関連記事】
【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
日本、仮想ポーランドのウクライナ相手に1-2敗戦… 終盤投入の中島が再び躍動
「勝ち星なしを更新」「終盤は猛攻も…」ウクライナに苦杯の日本代表を英専門誌はどう見た?
ウクライナに敗れるもハリルは前向き「マリ戦より良いゲームができた」
世界中の「美女サポーター」が集結! ロシアW杯は「美人すぎる」「セクシーすぎる」と話題沸騰必至

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ