【日本代表】当落線上の本田圭佑が持論を展開。「選ばれるためのW杯なら、なんの意味もない」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年03月22日

「本来なら『ピルロみたいのを目指せよ』みたいな感じですけど…」

リエージュでの代表活動で練習に励む本田圭佑。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 本田圭佑がロシア・ワールドカップのメンバーに選ばれるかどうかは、世間的に大きな注目点となっている。しかし本人にしてみれば、そこは重要ではないという。3月21日の代表練習後、彼は独自の見解を述べた。
 
「ワールドカップをゴールと設定した場合、自分がどういう形で3度目のワールドカップを迎えるべきなのかを考える。選ばれる、選ばれないという大前提を度外視してね。選ばれるためのワールドカップなら、なんの意味もない。
 
 それが議論にあがりすぎているけど、いつも自分はワールドカップで勝つためにやってきたし、そのスタイルはこれからも変えない。それで選ばれなかったら、なんの後悔もない。3月の連戦は選ばれるためだけのゲームではないし、パチューカでも自分がこの日本代表に欠けているものを補える形はなにかと自問自答しながらトレーニングしています」
 
 自問自答しながらもポジション的な戸惑いはない。メキシコのパチューカではトップ下やインサイドハーフをこなす一方、現代表では右ウイングを任されることが多いが、「要領は一緒」だという。
 
「中とサイドのポジションでは役割が違いますが、特に攻撃になった時のスペースの見つけ方というのは、別に要領は一緒かなあと。あとは近くの選手との動き方、連動の仕方だけだと思うので、窮屈には考えていないです」
 どちらかと言えば思考は柔軟だ。とはいえ、歳を重ねても頑固な部分はある。
 
「ポジションのここはやりたいというこだわりはありつつも、プレースタイルはプロになってから一面たりとも固定した覚えはない。晩年の選手がこれだけ個に集中し始めている頭のいかれた選手も、おそらく今までいない。世界的に見てもいない。だから面白いです。僕としてはサッカー人生後も全て踏まえたうえでの挑戦が始まっている認識です。
 
現状に満足せず、足は遅いけど、1対1にもっと成長を促していくスタイル。そんな10年間を歩んできたような気もするので。本来なら『ピルロみたいのを目指せよ』みたいな感じですけど、常に真逆を行っていたという意味での後悔はないし、改めて面白い挑戦をしてきたと思う。もっと面白い挑戦をしないとあかんなと」
 
 独特の言い回しで持論を展開した本田。3月の代表戦でチームの攻撃に良い意味で幅をもたらせるか。ワールドカップで勝つための手段を是非とも披露してもらいたい。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

日本代表ベルギー遠征 【トレーニングPHOTO】リエージュでのトレーニングの様子を紹介!
【リエージュにやって来た!PHOTO】日本代表の親善試合取材のため、ベルギーのリエージュにやってきました
【関連記事】
【日本代表】森岡が10番、中島は18番。ベルギー遠征の背番号が決定!
【マリ戦のスタメン予想】意外な最激戦区は?初招集の中島翔哉が左ウイング抜擢も
【日本代表】経験軽視?のハリル。招集メンバーから見えてくる真実
【日本代表】負傷の酒井宏樹が不参加。サイドバックの人選も注目点に
【日本代表】17年11月の欧州遠征から誰が抜け、誰が加わった? メンバーの変化度をチェック。ザックジャパンの当時と比較すると…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ