サニックス杯の決勝進出チームが決定!!初優勝を狙う青森山田高と福岡U-18が対戦

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2018年03月17日

下位トーナメント決勝は市立船橋高と前橋育英高の伝統校対決に

青森山田高はバスケス・バイロンらを擁し、過去最高の準優勝超えを目指す。写真:松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

画像を見る

 17日、「サニックス杯2018」の3日目が福岡県宗像市にあるグローバルアリーナで行なわれ、18日の決勝に進むチームが決定した。

 3日目は、16チームが2つのトーナメントに分かれる形で実施。各組の上位2チームが参戦する上位トーナメント(サニックス杯)では、午前中の準々決勝を神戸U-18、福岡U-18、青森山田高、鳥栖U-18が勝ち抜けて準決勝行きの切符を掴んだ。

 迎えた午後のセミファイナルは、2試合ともPK戦にもつれる大接戦となった。神戸U-18と福岡U-18の対戦は互いに前半に1点を取り合うも、70分(35分ハーフ)で決着が付かず勝負の行方はPK戦に。最後は地元の福岡U-18が4-3でPK戦を制し、初の決勝進出を決めた。

 もう1試合の青森山田高と鳥栖U-18の一戦は互いに得点を奪えず試合終了。最後は昨年度の選手権王者・青森山田高が4-2でPK戦をものにし、初優勝まであと一勝に迫った。
 
 各組の下位2チームによって争われる下位トーナメント(グローバルアリーナ杯)の決勝(9位決定戦)は、市立船橋高と前橋育英高の名門同士が顔を合わせることになっている。

 最終日の明日は順位決定戦が行なわれ、大会の王者を決める上位トーナメントの決勝はグローバルアリーナスタジアムで13時30分のキックオフを予定している。
 
【PHOTO】選手権を彩った来季のスター候補生・下級生ベストイレブン!

17日の結果は下記の通り

・サニックス杯(予選リーグ1位、2位による上位トーナメント)
準々決勝
福岡U-18 1-0 流経大柏高
FC東京U-18 1-2 神戸U-18
鳥栖U-18 3-0 大津高
青森山田高 2-1 日章学園高
 
準決勝
神戸U-18 1(3PK4)1 福岡U-18
青森山田高 0(4PK2)0鳥栖U-18
 
5位~8位決定戦
FC東京U-18 1(2PK4)1流経大柏高
日章学園高2(9PK8)大津高
 
 
・グローバルアリーナ杯(予選リーグ3位、4位による下位トーナメント)
準々決勝
U-17マレーシア代表0(3Pk4)0東福岡高
市立船橋高 7-0 清水高(台湾)
光州FCユース(韓国)2-0 FCイジョレツ・インコンユースFC(ロシア)
東海大福岡高 1-4 前橋育英高
 
準決勝
東福岡高 0-2 市立船橋高
光州FCユース(韓国)1(5PK6)1 前橋育英高
 
13位~16位決定戦
U-17マレーシア代表 6-0 清水高(台湾)
FCイジョレツ・インコンユースFC(ロシア)2(4PK3)2 東海大福岡高

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ