サニックス杯の上位T進出チームが決定!青森山田高、流経大柏高などが予選を突破するも...

カテゴリ:高校・ユース・その他

高校サッカーダイジェスト編集部

2018年03月17日

東福岡高と前橋育英高の伝統校がまさかの3連敗で下位トーナメントへ。

流経大柏高は、午後の鳥栖U-18戦に敗れたが、午前中の東海大福岡高戦で勝利を収めていたため、2位突破を決めた。(C)CPI_Masafumi ONO

画像を見る

 16日、「サニックス杯2018」の2日目が福岡県宗像市にあるグローバルアリーナで行なわれた。

 4組×4チームで争われる予選リーグの最終日となった16日は、各組上位1、2位に与えられる上位トーナメント進出を掛けて16チームが熱戦を展開。

 グループAでは昨季のプレミアリーグチャンピオンシップ覇者のFC東京U-18と、今冬の選手権王者・前橋育英高が対戦した。

 2連勝中のFC東京U-18は攻撃陣が爆発すると、前半だけで2点を奪取。後半にも3点を追加して、終わってみれば5-1の大勝で難敵を撃破し、予選リーグ1位突破を決めている。一方の前橋育英高は3連敗で4位となり、各組の3位と4位が戦う下位トーナメントに回ることになった。

 グループBでは福岡U-18が3連勝を飾り、1位抜けが確定。グループCは青森山田高が全勝で首位通過を確定させた一方で、同組のプレミアリーグ組・東福岡高は3連敗で予選を終えている。そして、グループDは流経大柏高が1-6で鳥栖U-18に敗れたものの、2位で上位トーナメント進出を決めた。

 3日目からは予選リーグの結果に基づき、ノックアウトステージがスタート。上位トーナメントでは、昨年のプレミアリーグチャンピオンシップで相まみえたFC東京U-18と神戸U-18の一戦などが行なわれる予定だ。

【PHOTO】選手権を彩った来季のスター候補生・下級生ベストイレブン!

16日の結果は下記の通り

グループA

11:50~
前橋育英高 1-5 FC東京U-18
U-17マレーシア代表 0-2 大津高

グループB
11:50~
FCイジョレツ・インコンユース(ロシア)0-2 日章学園高
市立船橋高 1-3 福岡U-18

グループC
10:00~
光州FCユース(韓国)0-2 神戸U-18
青森山田高 3-0 東福岡高

14:20
光州FCユース(韓国)1-0 東福岡高
青森山田高 3-0 神戸U-18

グループD
10:00~
清水高(台湾)0ー10 鳥栖U-18
流経大柏高 2-1 東海大福岡高

14:20
流経大柏高 1-6 鳥栖U-18
清水高(台湾) 0-8 東海大福岡高

【関連記事】
強豪チームが参戦するサニックス杯が開幕!選手権王者・前橋育英と大津の注目対決の結果は?
青森山田から値千金の決勝弾!名将・小嶺監督は注目FW安藤瑞季をいかにして育てたのか
才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは
久保建英は、具体的に何が凄いのか? 今さら聞けない逸材の真価とは
開幕3連勝の岡山で18歳ルーキーが存在感! 東福岡高卒の阿部海大にプロ13年目の先輩DFも驚嘆!!
ユース世代のサッカーの祭典『サニックス杯国際ユースサッカー大会2018』が3月15日から開催!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ