【日本代表|ポジション別序列】注目は本田と中島。左右のウイングで下剋上なるか|MF&FW編

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年03月16日

中盤の構成次第で立ち位置は変わる。

同じ4-3-3でも中盤が「アンカー+2インサイドハーフ」になる形も考えられる。

画像を見る

 日本協会は3月15日、国際親善試合のマリ戦(3月23日@ベルギー)とキリンチャレンジカップのウクライナ戦(3月27日@ベルギー)に臨む日本代表のメンバー26人を発表した。ここでは、基本システムの4-3-3に沿って、MF&FWの序列を考察する。
 
【MF】
ボランチ:◎長谷部誠(フランクフルト)/◎山口蛍(C大阪)/△三竿健斗(鹿島)
トップ下:○森岡亮太(アンデルレヒト)/○大島僚太(川崎)/〇柴崎 岳(ヘタフェ)
 
 ボランチでは34歳の長谷部が替えの利かない存在であることに変わりはない。「絶対的な役割。彼はグラウンド外でも重要」というヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言葉からもこのキャプテンがチームの要であることが分かる。
 
 中盤の構成を「2ボランチ+トップ下」と想定した場合、長谷部の相棒を務めるのは山口だろう。攻撃面での働きの少なさを指揮官に指摘されるが、最終ラインをプロテクトする存在として貴重であり、長谷部とのコンビネーションも上々だ。
 

昨年11月に続き招集された森岡。アピールできるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 一方でワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦で鮮烈なゴールを決めるなど、評価を高めていた井手口陽介は所属するクラトゥラル・レオネサで出場機会を失っていることから選外となった。代わりにメンバー入りしたのが鹿島で成長著しい三竿だが、長谷部、山口との力の差は大きい。長谷部、山口にアクシデントがあった場合は大島、または遠藤航(浦和)の起用も考えられるだろう。ただし、遠藤は3月14日に行なわれたルヴァンカップでの負傷が伝えられており、コンディションが懸念されるところだ。
 
 “オフェンシブハーフ枠”として選ばれたのは3人。実力は伯仲しているが、トップ下としては新天地のアンデルレヒトで10番を背負う森岡が1番手か。ただし、中盤の構成を「アンカー+2インサイドハーフ」にした場合は、攻守のバランスに長けた柴崎、大島が森岡をリードする形になるだろう。また、インサイドハーフ採用時には山口をこのポジションで使うこともできる。 
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ