【日本代表W杯の軌跡】手が届かなかった勝点|98年フランス大会・クロアチア戦

カテゴリ:日本代表

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年05月30日

息苦しささえ覚える、両チームのめまぐるしい展開。

中田は攻守両面で奮闘し、中山への決定的なロングパスなどチャンスメイクで冴えを見せたものの、報われなかった。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 間もなくブラジル・ワールドカップが開幕。日本は5度目の大舞台で過去最高の成績を目指す。ワールドカップなど夢のまた夢だった長い低迷の時期、最終予選の最終試合で迎えた悲劇的な結末など、紆余曲折を経て本大会に辿りついたのが1998年。そこから途切れることなく、大舞台に立ち続けている日本は、南米の地でどれほど進化した姿を見せてくれるだろうか。
 
 日本の出陣を前に、これまでワールドカップで残した足跡、つまり日本が戦った14試合を、週刊サッカーダイジェストの当時のレポートで振り返っていく。当時の興奮を思い出しながら、間もなく始まる新たな戦いに思いを馳せていただきたい。
 
――◆――◆――
 
「我々には暑さが問題だった」と、試合後にアリョーサ・アサノビッチは語った。しかし、暑さはクロアチアだけを不利にしたわけではない。コンディションは両チームに平等であり、そのなかで日本は互角以上の戦いを見せた。しかし、結果は敗戦。勝者と敗者の間には、一体どんな差があったのか。
 
 試合は立ち上がりから両チームが相手ゴール前に接近する激しい攻防となった。日本が左サイドの相馬を起点にすれば、クロアチアは前線のダボル・シュケルにボールを集める。13分に日本が決定機を掴めば、1分後にクロアチアに得点チャンスが生まれる。
 
目まぐるしい展開に、暑さもともなって息苦しささえ覚える。日本がスカッと得点を奪うことが、緊張感を和らげる特効薬となる。張り詰めたムードが漂うなか、試合はイーブン・ペースで進んだ。
 
 そんななか、日本がパスワークを駆使した組織力で攻撃を仕掛け、クロアチアは個々の選手が強引な突破を仕掛けた。たとえば1分に日本が中田英寿→城彰二→名波浩→相馬直樹とつないで左サイドを突破したかと思えば、6分にクロアチアはロベルト・ヤルニが名良橋晃を振り切ってクロスを入れる。
 
 ともに決定打は出なかったが、お互いに限りなくゴールに近いところまで到達していた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ