【山雅コラム】反町康治、54回目の誕生日。プレゼントにシウマイを手渡すと…

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年03月09日

予定の時間を過ぎても、真摯に受け答えする姿は変わらず。

54回目の誕生日を迎えた3月8日の練習後には、報道陣からケーキのプレゼント。「来年は、四捨五入すれば60歳だよ」と笑顔を見せた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 反町康治監督へのインタビュー取材は、これで何回目だろうか。2012年に松本を率いるようになってから、その都度、様々なテーマを投げかけては、興味深い話をいつも訊かせてもらってきた。
 
 就任7年目の今季、シーズンインして間もないタイミングで、またインタビューできる機会を得た。「毎度毎度、お時間をいただき、すみません」と挨拶すると、いきなりの先制パンチを食らう。
 
「まったく、本当だよ(笑)」
 
 ここで怯むわけにはいかない。奇しくもインタビュー当日の3月8日は、反町監督の54回目の誕生日。もちろん、手ぶらで来るわけにはいかない。横浜在住の記者が持参したのは、某有名店のシウマイだ。「ベタなものですが」と差し出すと……。
 
「ベタだねぇ~。でも、ありがとう。嬉しいよ」
 
 悪くない流れだ。同行のカメラマンが「なんでシウマイを選んだか、聞いてあげてください。なんか練習していたので」と援護射撃。たどたどしく説明する。
 
――反町監督の好物はチャーハンだ。しかし、その場に出来立てのチャーハンを持っていくのは、かなりハードルが高い。ではどうするか? それなら、チャーハンに合うであろう一品はどうか――。
 
 インタビュー前に自分はいったい何をしゃべっているのか。そんな記者に対し、指揮官は「冷凍もののチャーハンならば……」としばし、チャーハン談義。ある意味、これはこれで貴重な体験だった。
 
 そして、インタビューはいつも通り、ひとつの質問に対し、こちらが想定していた内容をはるかに上回る、示唆に富む答えが返ってくるものとなった。予定していた取材時間を大幅に過ぎてもなお、真摯に受け答えしてくれる姿も一緒だ。
 
 ほどなくして、インタビュールームにスタッフが入ってくる。反町監督は「なんだ、どうした? もうすぐ終わるから、というか終わらせる」ときっぱりと宣言する。
 
 まずい。まだ聞きたいことがいくつか残っている。図々しくも質問すると、目の前の指揮官は面倒くさがる素振りを微塵も見せずに応じてくれた。

【PHOTO】Jリーグを華やかに彩るチアリーダーたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ