「スポーツ史上最大のセンセーションになる」クロップが予想した意外なロシアW杯優勝国は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月06日

”余裕”のCL会見で語ったワールドカップ優勝国は…。

常に情熱的かつスペクタクルなサッカーを好んできたクロップの予想は、当然のことながらありきたりなものにはならない。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 サッカー界きっての熱血漢は、約3か月後に迫るロシア・ワールドカップにおいて一大センセーションが巻き起こることを期待しているようだ。
 
 現地3月5日、リバプールのドイツ人指揮官ユルゲン・クロップが、ロシア・ワールドカップでのアイスランドの躍進を大胆にも予想している。
 
 6日に行なわれるポルトとのチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦の第2レグに向けた会見において、敵地での第1レグを5-0と圧勝していたせいもあってか、クロップは饒舌に進行。そのなかで話がワールドカップについて及ぶとさらに話は盛り上がりを見せた。
 


 
 昨年にアイスランドでスキーを楽しんだというクロップは、「私の人生における最高の経験の一つだった」と話し、さらにその旅行中に得た様々な経験から人口33万人の小国がワールドカップで成功を掴むと語り、その根拠も明らかにしている。
 
「人口は33万人? アンビリバボーだよ。それこそサッカーのルーツと言えるね。人がたくさんいる必要はないんだ。大きなことを成し遂げるためには、周りに正しいことをできる人間がいさえすればいい。アイスランドがサッカー界で成し遂げたことは素晴らしいものだ。
 
 国中がスポーツマンで溢れかえっていると思うかもしれないが、アイスランドには医者や教師、あらゆる優れた人材が揃っている。もちろんそれぞれが自分の仕事をしている。プロサッカー選手はそこで同じ時間を生きているにすぎないんだ。
 
 そうだな、私が思うにドイツやイングランドが優勝できないなら、アイスランドがワールドカップで優勝するかもしれないね。そうなったらスポーツ史上最大のセンセーションになるじゃないか」
 
 一昨年の夏にフランスで開催されたEURO2016で巻き起こった“アイスランド旋風”。史上初となるメジャー大会への参加にも関わらず、バイキング・スピリットを受け継ぐ彼らは、イングランド撃破など望外の躍進を遂げ、ベスト8入りを果たす快挙を成し遂げていた。
 
 その後も、着実に力を蓄え、厳しいワールドカップ予選も勝ち抜き、同国史上初の世界大会への切符を掴んだアイスランドは、またも下馬評を覆し、クロップの予想を的中させることができるだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ