1位は超絶アクロバティック弾!! DAZNのJ2週間ベスト5ゴールが必見!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月06日

トップ評価は、福岡のドゥドゥが叩き込んだ強烈なオーバーヘッド弾だ!

甲府から期限付き移籍で今季から加わったドゥドゥが新天地でいきなり躍動!(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 今節もトップ評価は福岡の地で生まれたオーバーヘッド弾だ。

 5日、J2の「DAZN週間ベスト5ゴール!」が公式ツイッターで発表され、2節に生まれた24ゴールから5つのファインショットがランキングに名を連ねた。

 今節の1位に選ばれたのは、福岡のドゥドゥが叩き込んだ強烈なオーバーヘッドだ。得点が生まれたのは京都戦の31分。右サイドから元日本代表の駒野友一がファーサイドにクロスを送ると、松田力がヘディングでゴール前に落とす。このボールに反応したドゥドゥが、身を捩りながら右足でアクロバティックな一撃を沈めた。福岡は前節も石津大介のオーバーヘッド弾で1位を獲得。2週続けて最高評価を受ける形となった。

 2位には熊本戦での徳島・島屋八徳のゴールがランクイン。鮮やかな胸トラップでボールを収めると、角度のないところから右足を振り抜いた。ただ、本人はこのゴールに満足はしていない様子。自身のツイッター上で島屋は、「次は勝利につながるゴールを! 今こそチームひとつに! for the team. 次節、今季初勝利のためにチーム一丸となって戦います! 後押しよろしくお願いします!」と勝利に導けなかったことを悔やみ、次節での勝点3獲得を誓った。
 3位は華麗なタッチでネットを揺らした松本・セルジーニョのゴールを選出。そして、4位と5位は大分と山形の一戦からチョイスされた。4位に入ったのは、華麗な崩しから36分に大分が奪った同点弾。宮阪政樹の縦パスを藤本憲明が技ありのタッチでボールをつなぎ、最後は後藤優介がきっちりとゴールを奪った。続く5位は、山形の中村駿が64分に沈めた鮮やかな直接FK弾となっている。

 次節はどのようなゴールが選ばれるのか。アッと驚くようなアクロバティックな一撃か、それとも目の覚めるような豪快なゴールか。J2から生まれる得点を今週も見逃すな!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ