DAZNがJ1開幕戦のベストゴール5選を発表!今週のNo1は川崎のBKB弾!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月27日

DAZNが厳選したランキングには東京五輪世代の一発も。

磐田戦で中村は1得点・2アシストの大活躍! 次節もトップ5に食い込むゴールを決めるか注目だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月23日から25日にかけて、J1リーグの開幕戦が行なわれた。昨季の王者・川崎は磐田に3発快勝。今季、J1復帰を果たした名古屋は元ブラジル代表のジョーや魔術師・ガブリエル・シャビエルなどのゴールでG大阪から逆転勝利を挙げた。
 
 オープニングマッチ9試合で決まったゴールは、計19得点。記憶に残る一撃も数多く誕生し、サポーターたちはJリーガーのスゴ技に酔いしれた。そんなJ1のファインショットを厳選した、「DAZN週間ベスト5ゴール!」が公式ツイッター上で公開されている。
 
 栄えある1位に輝いたのは、川崎の中村憲剛が決めた先制弾だ。磐田戦に先発した14番は24分。エドゥアルド・ネットからDFとGKの間にボールが配給されると、中村にしては珍しいヘディングで歓喜の瞬間を呼び込んだ。得点後は、お笑い芸人・バイク川崎バイクのネタを元にしたパフォーマンスまで披露。ゴール以外のところでも大きなインパクトを残した。
 2位に入ったのは、名古屋のガブリエル・シャビエルがG大阪戦で決めた同点ゴールだ。GKの動きを見極め、冷静に左足で流し込んだフィニッシュはさすがの一言。崩しの部分でも和泉竜司の軽やかなトラップ、左サイドから絶妙なタイミングで入れたジョーのラストパスが光り、シュートシーン以外にも見るべき点が多いゴールだった。
 
 3位には、東京五輪世代の板倉滉(仙台)が柏ゴールに叩き込んだ豪快ヘッドを選出。4位は、チームに勝点1をもたらすハーフナー・マイク(神戸)の殊勲弾がランクイン。5位には山中亮輔(横浜)の糸を引くような弾道のミドルシュートが選ばれている。
 
 今週末の2節は誰のゴールが1位となるのか。選手たちは再びあっと驚くようなスーパーゴールで観客を魅了してくれるはずだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ