【柏】ACL天津権健戦の“左SB”中山雄太が意味する“ニュー・レイソル”の片鱗

カテゴリ:Jリーグ

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2018年02月22日

中山雄太だからこそできる新たな攻撃の形。

ACLの天津権健戦では、万能型の中山を左サイドバックに起用した。写真:山崎 賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ2節]柏 1-1 天津権健/2月20日/柏
 
 ACLグループステージ2節、1-1のドローに終わった天津権健戦で、最終ラインの編成について柏の下平隆宏監督が興味深い発言をしていた。
 
「パク・ジョンスはビルドアップもできる。彼の高さと強さはアジアでも戦っていける(から起用をした)。それに伴い中山雄太を左サイドバックにして、システムにおける攻撃の形を少し変更した」
 
 パワー対策としてパク・ジョンスをセンターバックに起用し、左サイドバックだけでなくボランチにも適応できる万能型の中山を左に回す。守備面におけるその采配は先発メンバーを見た時点で容易に想像できたものの、ゲームが始まって目に留まったのは「攻撃の形の変更」だ。
 
 ユン・ソギョンや亀川諒史であればタッチライン際に位置する左サイドバックだが、中山は攻撃時にボランチのポジションでプレーをしていたのである。これは、ユーティリティープレーヤーの彼だからこそ、体現できるシステムだ。
 
 その効果は2つの面で現われた。
 
 まず1つ目は、ボランチのキム・ボギョンが本職のトップ下に近い位置でプレーできた。いっそうオフェンスに専念できた韓国代表MFは、チーム内最高の85本のパス数を記録(AFC発表)しており、攻撃の中心として機能していた。
 
 2つ目はハモン・ロペスへのサポートだ。中山が中央寄りに彼をフォローすることで、左サイドハーフのブラジリアンは、利き足である左足に持ち込みやすいアウトサイドのプレーがより自由になった。
 
 もちろん、引き分けに終わったのだから、成果が完璧に表われたわけでもなく、まだチャレンジの段階だろう。とはいえ、25本のシュートを浴びせるほどの猛攻を仕掛け、指揮官が「選手たちはよく機能させてやってくれた」と称えたのも頷ける。
 
 中山の左サイドバックが基本システムになるとは断言できなくても、ひとつのオプションとして今季の“ニュー・レイソル”は一見の価値ありだ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL 柏 1-1 天津権健 PHOTO】クリスティアーノが技ありボレーで得点を決めるもパトに決められ痛恨のドロー
【関連記事】
【ACL採点&寸評】柏 1-1 天津権健|パト弾を許して痛恨ドロー。“39億円FW”と対峙した中谷の評価は…
【柏】「そこは伝えました」江坂任が示した“10番”としての責任感
柏を沈黙させた元セレソン戦士パット!あのカリスマ指揮官も「スピード感に溢れ、チーム想い」と絶賛
天津権健を率いる元ポルトガル代表の名手、パウロ・ソウザ監督はレイソルをどう見たのか
ACLでアクシデント発生!天津権健戦の相手CBが柏の江坂に顔面キック

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ