【柏】極寒の韓国で国内屈指のスピードスター・伊東純也が得た教訓とは何か?

カテゴリ:Jリーグ

鈴木潤

2018年02月14日

「凍っているピッチでやったのは初めてだった」

ACLデビューとなった全北現代戦。柏では初のアジアの舞台で、伊東が感じたこととは?(C) Getty Images

画像を見る

[ACLグループステージ1節]全北現代 3-2 柏/2月13日/全州
 
 前半で2点のリードを奪いながら、後半だけで3失点。柏は痛恨の逆転負けでACLは黒星スタートとなった。

 
 ACLプレーオフのムアントン・ユナイテッド戦と、ちばぎんカップの千葉戦の2試合で全得点に絡んだ伊東純也は、自身初挑戦となったアジアの舞台で感じたことをこう述べている。
「凍っているピッチでやったのは初めてだったし、難しさがあった。相手がどうというよりは、環境の違いを感じた」
 
 韓国の全州市は試合前日まで氷点下を記録し、試合前日には雪も降った。当日になり雪はやんだものの、19時30分キックオフのナイトゲームの寒さにピッチは凍りついていた。
 
 ムアントン・U戦、千葉戦の2試合でハイパフォーマンスを見せていた伊東には、全北戦でもサイドを疾走してチャンスメイクやゴールに絡む活躍が期待されたが、伊東が「今日はサイドに開いて足もとで受けた場面は一度もなかった」と振り返ったように、伊東が全北の左SBキム・ジンスと1対1になる局面は皆無だった。ただ、それは伊東が相手に抑えられたというよりは、柏がチームとして伊東を活かす攻撃の形へと持ち込めなかったところに大きな原因がある。
 
 柏は4度目のACL出場も、大谷秀和、クリスティアーノ、キム・ボギョンを除くほとんどの選手にとってACLは未知の領域。また、下平隆宏監督もACL初采配だ。難しいアジアのアウェー戦、しかも“韓国最強王者”の全北がJリーグにはない強度のハイプレスをかけ続けてくる。初めてACLを体感する選手たちにとっては、おそらくJリーグを戦うような精神状態にはならなかったのだろう。
 
 特に後半は、2点のビハインドを跳ね返すべく圧力を強めてきた全北のハイプレスと激しい球際のバトルで後手に回り、従来の丁寧なビルドアップでプレスを回避するどころか、クリアをして逃げてはセカンドボールを拾われ、2次攻撃、3次攻撃を浴びてしまった。そこに凍ったピッチ状況も相まって、柏は本来の姿で全北と対峙することができず、その結果、伊東にドリブルを仕掛けさせる得意の形へ持ち込めなくなった。柏の最大の武器である“右サイドの翼”は、機能不全に陥った。
【関連記事】
柏がアウェーで韓国王者に逆転負け!! 全北現代にACL7戦目で初めての敗北…
【ACL速報】柏、スタメン発表! 新加入の江坂、亀川が名を連ねる
AFC公式が柏の20歳CB中山雄太のルーレットを絶賛!「年齢以上の落ち着きと自信を示した」
【柏】「まるで昨年からいるような」”新10番”が指揮官を脱帽させるハイパフォーマンス!
ACLとリーグの両立へ手応え十分!! ちばぎんカップでの柏の収穫は新戦力の躍動!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ