憧れの埼スタのピッチに立った生駒仁。中澤佑二から学んだプロとしてのあるべき姿

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年02月11日

「サッカー中心の生活を送って、1年目から試合に絡みたい」(生駒) 

空中戦の強さは健在。ビルドアップも成長したところを見せ、今後の飛躍を予感させた。写真:徳原隆元

画像を見る

「選手権では埼スタで行なわれる決勝を目指して戦っていた。違う形ではあるけど、この舞台に立てたので良かった」と横浜の高卒ルーキー・生駒仁は、憧れのピッチでプレーしたことを喜んだ。
 
 年末年始の高校選手権で活躍した3年生が軸の高校選抜と、高校2年生を中心に編成するU-18 Jリーグ選抜が対戦するゼロックス・スーパーカップの前座試合・ネクストジェネレーションマッチ。この一戦にCBで出場した鹿児島城西高出身の生駒は、持ち前の身体能力を生かしたプレーでチームの勝利に大きく貢献した。
 
 184センチの大型CBである生駒が、初めてその名を全国に轟かせたのは高校1年時の選手権だ。惜しくも1回戦で涙を呑んだものの、ふたつ上の兄・稀生とのCBコンビが話題を呼んだ。大会後は1年生でJクラブのキャンプに参加。年代別日本代表にも継続的に招集され、迎えた3年時にはさらなる飛躍が期待されていた。しかし、怪我の影響でパフォーマンスを落とすと、インターハイ予選は準決勝で敗退。代表からも遠ざかり、苦しい時を過ごした。

 横浜入りが決まって迎えた最後の選手権も、小学校時代からの親友・髙橋大悟(清水)が所属する神村学園高にPK戦の末に地区予選決勝で敗戦。期待通りの結果を残せず、生駒は高校生活に終わりを告げた。
 
 そんな生駒は選手権未出場組ながらも、高校選抜で戦う機会を掴んだ。「選ばれなかった人たちの気持ちも背負ってやろうと思います」と本人が言うように、この一戦では序盤から勇猛果敢にプレー。ビルドアップでも進化の跡を見せ、改めて能力の高さを感じさせた。
 
 試合後、生駒に横浜でのプロ生活について話を聞くと、中澤佑二の存在は大きいと教えてくれた。

 練習や試合中に「J1では止める蹴るができないとダメ。プレッシャーも早いのでファーストタッチを少しでもミスしたら、どんな相手にも取られてしまう」という指示をほかの選手がされているのを聞き、生駒は基礎技術の大切さを改めて痛感。今キャンプ中には同じ席で食事をとる機会もあり、ピッチ外でどのような取り組みをしているかを目の前で見る機会を得た。

「試合の出場時間によって、食事の量を90分のものに変えないといけないと佑二さんは言っていた。そこまで考えていることに驚きました」と生駒が言うように、まもなく40歳を迎える偉大なCBの姿にプロ選手がどうあるべきかを見た。

 生駒は大舞台で成長した姿を見せたが、本人が「サッカー中心の生活を送って、1年目から試合に絡みたい」と言うように現状に満足していない。所属クラブでさらなる経験を積み、次はトリコロール軍団の一員として埼玉スタジアムに戻ってくるつもりだ。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

【NEXT GENERATION MATCH】U-18 Jリーグ選抜 1-2 日本高校サッカー選抜。前半に2点を奪取した高校選抜が勝利
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ