スケールが違う! 引退・平山相太の“怪物”ぶりを証明した5つの伝説

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始

2018年01月27日

さまざまなカテゴリーの試合でスーパーゴールを決めてきた平山相太。

あらゆるシーンで印象に残るゴールを決めてきた平山。そのインパクトは“怪物”の異名にふさわしいものだった。(C) SOCCER DIGEST/Getty Images

画像を見る

 平山相太をひと目見ようと、スタジアムに足を運んだ人は少なくなかったはずだ。高校選手権の決勝が「成人の日」開催に変わった2002年度、翌03年度、国立競技場は超満員の観衆で埋め尽くされた。主役(特に3年時)は紛れもなく平山だった。そこでの活躍によって、190センチの大型ストライカーは誰にも認められる「怪物」の異名を手に入れた。
 
 
 国見高、二度のユース日本代表、アテネ五輪代表、そしてA代表。クラブでは、FC東京、ヘラクレス・アルメロ。昨年移籍したベガルタ仙台でこそ得点を挙げられなかったが、それぞれのシーンで平山はインパクトを残すスーパーゴールを決めてきた。だからこそ、1月26日に引退が発表されるまで、常に我々に期待を抱かせてくれる存在だったのだ。
 
 おそらくそれぞれにとっての「平山伝説」があると思うが、平山が10代だった頃から取材してきた記者が独自に、5つの伝説を選定してみた。参考にしていただきたい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ