【ゼロックス杯】山口、清武のゴールを演出! 見逃せなかった杉本健勇の凄み

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2018年02月10日

清武へのアシストは「狙っていた形」。

杉本はポストワークで貢献。左足首の負傷による影響を感じさせない好パフォーマンスを見せた。写真:徳原隆元

画像を見る

【ゼロックス杯】川崎2-3C大阪/2月10日/埼玉
 
 セレッソ大阪がゼロックススーパーカップで川崎フロンターレを3-2で下し、今季初タイトルを手にした。
 

 試合は、山口蛍、清武弘嗣ら代表組のゴールでC大阪が2点を先行。すぐさま1点差に詰め寄られたものの、リードを得たC大阪は終始余裕を持って試合を運び、対する川崎には焦りを与えた。
 
 ゴール右隅に突き刺した山口の高精度ミドルと、相手の背後に抜け出して決めた清武のドリブルシュートは手放しに称賛できるハイレベルのプレーだったが、その2ゴールを演出した杉本健勇の働きも見逃せなかった。
 
 2トップの一角で先発した杉本は、26分にエリア内でパスを受けると、相手を背負いながらすぐさま反転して、後方から駆け上がってくる山口へと柔らかいパスを供給し、先制点をアシスト。さらに48分には後方からのフィードを、相手との競り合いを制して頭で前方に送り、清武のゴールをお膳立て。杉本自身に得点はなかったものの、ポストワーカーとして特大の存在感を放ってみせた。
 
 とくにチーム2点目は「狙っていた形」だったという。GKキム・ジンヒョンのFKをヤン・ドンヒョンが競り合ってこぼれたボールに反応し、清武につなげた場面だ。
 
「競り合いの強い(ヤン・)ドンヒョンが入って、その競った後を狙っておこうと思っていた。そしたらすぐにあの場面が訪れた。キヨくんも良い形で入れ替わりましたし、冷静に決めてくれたので良かったです」
 
 アシストシーンを振り返って喜んだ杉本だが、それでも「まだまだ。ボールを収めるのはチームを助けるプレーなので、もっと増やしていきたい」と満足しない。むしろ、「自分自身もチャンスがありましたし、そこは決めるべきだった。反省しないといけない」とストライカーとしてノーゴールで終わったことを悔やんでいる。
 
 昨季22ゴールを挙げて日本代表に選ばれてもなお、成長を止めない。今季もこのストライカーから目が離せない。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

【ゼロックス杯PHOTO】川崎フロンターレ×セレッソ大阪戦の美女サポーターたち❤

【ゼロックス杯PHOTO】川崎2-3C大阪|J1王者を相手に3得点のC大阪がゼロックス杯を制す!

【NEXT GENERATION MATCH】U-18 Jリーグ選抜 1-3 日本高校サッカー選抜。前半に2点を奪取した高校選抜が勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月21日発売
    2000年代生まれの
    ニューヒーロー
    新時代を牽引する
    「ダイヤの原石」たち
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ