闘将CBゴディンが3本の歯を失う衝撃プレー…シメオネは「彼らは我々を殺すつもりだ」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月05日

シメオネは「彼らは我々を殺す」と怒り。

ネトの肘が口をヒットし、大怪我を負ったゴディン。サッカーに接触プレーは付き物とはいえ、何ともいたたまれないシーンであった。 (C) Getty Images

画像を見る

 持ち味の闘志漲るプレーが災いし、ウルグアイ代表CBは大怪我に見舞われてしまった。
 
 現地時間2月4日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第22節のバレンシア戦で、アトレティコ・マドリーのDFディエゴ・ゴディンは歯を3本も失ったと、現地紙『Marca』など複数メディアが報じている。
 
 その衝撃的なシーンが起きたのは、後半開始直後の49分。相手ゴール前でのFKの場面で、アントワーヌ・グリエーズマンからのボールに飛び込んだゴディンは、クリアしようと飛び出した相手GKネトの肘と激しく接触してしまったのだ。
 
 口元を強打したゴディンは、ピッチに倒れ込みながらも自らメディカルスタッフを呼びつけると、そのままファンフランとの交代を余儀なくされた。この際、ゴディンの様子を捉えたカメラは、激しい出血に狼狽する姿を映していた。
 
 試合後、アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネは、接触したネトのアフターチャージを指摘し、独特な表現で自身の見解を示した。
 
「もし、あれがファウルでないと言うのなら、彼らはああいったプレーのたびに我々の誰かを殺すことになる。今はゴディンの無事を祈るしかない。医師たちによる良い報告を待とう」
 
 しかし、結果はシメオネの希望に反し、あまり良いものではなかった。アトレティコは、公式サイトで「上顎3か所の歯茎を骨折し、専門家による修復治療を受けた」と発表。さらにスペイン紙『Marca』は、「3本の歯を失った」と報じている。
 
 試合はアトレティコがバレンシアに1-0と勝利したものの、唯一無二のDFリーダー、ゴディンの離脱はあまりに大きすぎる代償となった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ