ロナウド、C・ロナウド、ネイマールらスター選手が着用!『マーキュリアル』が衝撃の登場から20年

カテゴリ:PR

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年02月02日

デザインも機能性もまさに革新的だった。

98年W杯では怪物ロナウドが初代『マーキュリアル』を着用した。写真:Getty Images

画像を見る

 1996年にCBF(ブラジル・サッカー連盟)と契約した『ナイキ』は、当時スター街道を突き進んでいたフェノーメノことロナウドともパートナーシップを締結。フットボール界に本格参入すると、98年には陸上スパイクから着想を得た新スパイク『マーキュリアル』(「予測不可能な」の意)を発表し、大きな話題を呼んだ。
 
 まず目を引いたのが、そのデザインだ。まだブラックが支配的で、色付けもほぼ1色に限られていた時代にあって、シルバー、ブルー、イエローという斬新なカラーリングと宇宙を思わせる奇抜な絵柄は、まさに前代未聞だった。
 
 また、まだカンガルー皮など天然皮革が中心だった中で、後のスタンダードとなる合成皮革をいち早く取り入れたうえ、極薄プレートで従来では考えられないレベルでの軽量化にも成功するなど、実用性も革新的だった。
 
 デザインも機能面もとにかくイノベーショナルだったマーキュリアルは、その最初の着用選手であるロナウドが98年W杯で規格外のスピードとテクニックを利してゴールを量産したこともあり、一気に世界的な人気スパイクとなった。
 
 その後も「選手から最大限のスピードを引き出す」というコンセプトの下で様々な研究が進められ、02年にはついに200グラムを切る超軽量モデルが完成。同年の日韓W杯ではその最新作を履いたロナウドが得点王に輝く活躍で、セレソンを世界制覇に導いた。
 
 その後に「マーキュリアルの顔」の座を引き継いだのが、同性でスピードが武器と奇しくもフェノーメノとの共通点が多いクリスチアーノ・ロナウドだ。ポルトガルの偉才が世界最高のプレーヤーへとのし上がっていくのと歩を合わせるかのように、スパイクも年々進化。斬新なカラーリングと奇抜なデザインに加え、さらなる軽量化(いまや180グラムを切った)を実現し、吊り橋の構造をモチーフにした『フライワイヤー』、加速や素早い方向転換を助ける『ナイキ センステクノロジー』、ランニングシューズなどで成功した『ナイキ フライニット』の導入など機能面のイノベーションでも世間を驚かせ続けた。
 
 その間にはC・ロナウド以外にも、「世界一のプレーヤー」の後継者に相応しいネイマールをはじめ、ティエリ・アンリ、ズラタン・イブラヒモビッチ、フランク・リベリ、ディディエ・ドログバ、エデン・アザール、アレクシス・サンチェス、そして最近ではキリアン・エムバペと、コンセプト通りの“予測不可能な”動きを見せる名立たるスタープレーヤーたちがマーキュリアルを愛用。数々のスペクタクルを提供してきた。
 
 98年の衝撃から20年――。デザインと機能性で革命を起こし続け、それを着用する名手たちが違いを作り出してきたナイキのマーキュリアルは、こうして自他ともに認める世界有数のフットボール・スパイクとなったのだ。

【PHOTO】過去20年の『マーキュリアル』&着用したスター選手たち
【関連記事】
ロナウドはなぜ「フェノーメノ」だったのか? 現代でも通用するか?
「ネイマール・フェノーメノ」は「ロナウド・フェノーメノ」のようにセレソンを世界制覇に導けるか?
堂安律が語る日本代表への想い「左利きの選手が少ないので…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ