ガラタサライ移籍の長友佑都はなぜ、“愛する”インテルとの別れを選択したのか?

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年02月01日

SBの5番手に成り下がっていた。

ガラタサライへの移籍が決まった長友。ワールドカップ出場へ向け新天地での定位置奪取を目指す。(C)Getty Images

画像を見る

 ついに別れの時がやってきた。
 
 長友佑都が丸7年在籍したインテルを退団し、トルコのガラタサライに電撃移籍を果たした。
 
 ちょうど7年前の11年1月31日にチェゼーナから引き抜かれ、いまやチーム最古参となっていた日本代表DFは、なぜこのタイミングで退団を決意したのか。
 
 インテル加入後、最初の4シーズンはコンスタントに出場機会を得ていた長友も、ここ数シーズンは出番が減少。毎年加入してくるライバルとのレギュラー争いに勝っては負け、負けては勝つの繰り返しで、1年間定位置を守ったシーズンは皆無だった。
 
 当然、移籍市場が開くたびに、退団が取り沙汰された。16年の冬にはマンチェスター・ユナイテッドとリバプールから魅力的なオファーが届いてもいる。それでも、愛着のあるインテルでのプレーにこだわり、残留を貫いてきた。
 
 迎えた今シーズン、新加入のダウベルトとのポジション争いに勝ち、左SBとして12節までの9試合に先発するなどスタートは上々だった。だが、代表ウィーク明けの13節、日本代表としてブラジル戦とベルギー戦に出場した長友は、疲労を考慮されてベンチに温存される。
 
 すると、代わりに起用されたダビデ・サントンがルチアーノ・スパレッティ監督の期待に応え、ほぼ構想外から一気にレギュラーヘと躍り出る。長友はベンチへと追いやられた。
 
 その後は出番がほとんどなく、サントンが失点に繋がるミスを連発しても声は掛からなかった。指揮官は、右SBのレギュラーであるダニーロ・ダンブロージオを左に回し、ジョアン・カンセロを右SBで起用。最近では、途中出場でチャンスをもらっているダウベルトよりも序列が低くなり、5人いるSBの5番手に成り下がっていた。
 
 今シーズンのインテルは欧州カップ戦に出場しておらず、コッパ・イタリアもすでに敗退している。リーグ戦のみでローテーションをする必要がない中での5番手。これは、かつてないほど厳しい状況だった。
 
 そのうえ、半年後にはロシア・ワールドカップが控えている。残留してベンチ暮らしが続いた場合、31歳の長友にとっておそらく最後になるだろうこの大舞台を逃しかねない。その危機感が「愛するクラブ」との決別を決意させたのだ。
 
 この決断が吉と出るか凶と出るか——。トルコでの新たな挑戦が始まる。
【関連記事】
ガラタサライ移籍の長友佑都に現地メディアの反応は? 「“罪深き問題”はあるが…」
レスターが総額94億円のメガオファーを一蹴! 英雄マハレズに付けた値札は驚きの…
長友佑都が新天地に選んだガラタサライとは? かつて稲本潤一がプレーしたことも
「30万ユーロというバカげた移籍金でやって来た」エイバル乾貴士を全国紙が特集!
3クラブ間の“玉突き移籍”成立! ジルーがチェルシーへ、バチュアイはドルトムントへ!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ