【移籍市場超速報】L・エンリケ新監督のバルサ テア・シュテーゲン獲得を発表

カテゴリ:ワールド

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2014年05月20日

ラフィーニャとデウロフェウのレンタルバックも。

テア・シュテーゲンは各年代のドイツ代表に選ばれてきた逸材。足下の技術が高く、まさにバルサ流にうってつけの守護神だ。 (C) Getty Images

画像を見る

【バルセロナ】テア・シュテーゲンを獲得、ラフィーニャとデウロフェウをレンタルバック
 
 ルイス・エンリケの監督就任が決まったバルセロナは、ボルシアMGのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの獲得を発表した。すでに退団を決めているビクトル・バルデスに代わる新守護神候補だ。また、第2GKのホセ・マヌエル・ピントも今シーズン限りでバルセロナを離れることになった。
 
 一方、今シーズンのセルタでそのL・エンリケの下でプレーしたラフィーニャ、エバートンでプレーしたジェラール・デウロフェウという2人の若手をレンタル先から呼び戻す。
 
【ナポリ】クリバリがメディカルチェックをパス
 
 ナポリは5月19日、かねてから獲得が噂されていたゲンクのCBカリドゥ・クリバリのメディカルチェックを、カステルボルトゥルノのトレーニングセンターで実施した。クリバリはアウレリオ・デ・ラウレンティス会長、ラファエル・ベニテス監督とも会って話をしており、一両日中にも契約書にサインする可能性が高い。
 
【ミラン】ラミの買い取りオプションは行使せず。しかし新たに獲得交渉へ
 
 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は、5月19日に期限を迎えたアディル・ラミの買い取りオプションについて次のようにコメントしている。
 
「ラミには今日で切れる買い取りオプションを行使しないことを伝えた。すでにバレンシアには、合意した金額での買い取りはしないと伝えてある。しかし、彼は残留を希望しているし、我々も残ってほしいと思っている。金曜日(5月23日)にはCL決勝のためリスボンを訪れるので、その場でバレンシアの首脳と交渉を改めて始めるつもりだ」
 
【ローマ】アンテイの買い戻しを検討。コラロフ獲得には高年俸が障害に
 
 サッスオーロとの共同保有で、今シーズンはそのサッスオーロで22試合に出場して安定したパフォーマンスを見せた92年生まれのCBルカ・アンテイを高く評価、残り半分の保有権の買い戻しを検討している。
 
 一方、メインターゲットのひとりと報道されているアレクサンドル・コラロフ(マンチェスター・シティ)に関しては、ローマの給与水準を大きく上回る高年俸が大きなネックになっており、いまのところ獲得の意思はない模様。
 
【リーベル・プレート】ドノフリオ会長「カンビアッソを獲りたい」
 
 ラモン・ディアス監督の下、最終戦でキルメスを5-0で下してトルネオ・フィナル(後期リーグ)優勝を果たしたリーベル・プレート。ロドルフォ・ドノフリオ会長はその喜びの中で、インテルとの契約が6月で満了するエステバン・カンビアッソ獲得の意向を明らかにした。
 
「まだ補強を考える時期ではないが、カンビアッソはとても魅力的なプレーヤーだ。リーベルに戻ってきてほしい選手のひとりだ。可能かどうかは分からない。まだ話を持ちかけてもいない。まずは本人の意向を確かめないと」
 
 リーベルは今週中にも父親にコンタクトを取り、獲得に向けたアプローチを開始する見通しだ。
 
【ウディネーゼ】ディ・ナターレ、現役続行を決断
 
 ウディネーゼの36歳のFW、アントニオ・ディ・ナターレは、あと1年現役を続行し、セリエA通算200ゴールの大台を目指す意思を固めた。近いうちに公になる見通し。
 
 一方、シーズン中に退任の可能性も示唆したフランチェスコ・グイドリン監督は、5月20日にクラブと話し合いを持つ。現在は続投に意欲を示しているが、クラブサイドは「保険」のために他の監督ともコンタクトを取っており、辞任した場合、後任の最有力候補にはルイジ・デル・ネーリの名前が挙がっている。
 
【翻訳】
片野道郎
 
翻訳者からのごあいさつ
 イタリアのスポーツ専門局『SkySport』を舞台に活躍するジャンルカ・ディ・マルツィオは、移籍専門記者という新たなジャンルを独力で切り開いた草分けにして、他をまったく寄せ付けないトップランナーです。
 
 イタリア国内ではすでに数年前から超メジャーな存在でしたが、2013年1月にジョゼップ・グアルディオラ監督のバイエルン入りという大スクープをものにして、一躍ヨーロッパ中でその名を知られるようになりました。その後も、ウィリアン(当時シャフタール・ドネツク)がトッテナムからチェルシーに寝返った顛末など、イタリアにいながらワールドワイドな移籍情報をいくつもスクープしています。
 
 セリエAから下部リーグまで各クラブの会長やスポーツディレクターはもちろん、代理人からスカウトまで膨大な関係者と緊密なネットワークを持ち(iPhoneのアドレス帳には3000人以上のコンタクトが入っています)、他の記者には絶対入手できないディープな情報をキャッチ。素晴らしいのは、しっかり裏が取れるまでは決して情報を出さないところです。
 
 ご存じの通り、世界中を飛び交っている移籍関連ニュースの大半は、誰かの願望や思惑に基づくただの噂でありそれ以上ではありませんが、ディ・マルツィオが発信するニュースは、すべて彼自身のプライドがかかったガチネタであり、ハズレはほぼ皆無と言っても過言ではありません。移籍ネタに関しては、どんなにありそうな話でもディ・マルツィオが書くまでは嘘か本当かわからない、どんなにあり得ない話でもディ・マルツィオが書いたら本当、というのが、もはやこの業界の常識になっているくらいです。
 
 ツイッターのフォロワーは全世界で約30万人。日本では13年7月から『ワールドサッカーダイジェスト』誌に連載コラムを寄稿しています。先月、この連載を休載した時には、日本のフォロワーからいくつも問い合わせのリプライが飛んで来たほどの人気です。
 
 そんなディ・マルツィオのオフィシャルサイト『gianlucadimarzio.com』から、移籍関連を中心とする最新ニュースを毎日厳選してお伝えするのがこのコーナー。サプライズはあっても「ガセ」はありませんから、安心してお読みください。(片野道郎)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ