【選手権】新潟入り内定の渡邊泰基が示した成長の跡 「高校サッカーを選んで良かった」

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年01月09日

攻守でスケールアップした男に満足感はない。

堅実さも増し、渡邊は1年前と比べると大きな成長を遂げた。写真:徳原隆元

画像を見る

「自分自身、日本一になったのは初めて。高校サッカーを選んで良かった」
 
 タイガー軍団の技巧派SBはチーム史上初の選手権制覇を喜び、アルビレックス新潟U-15から前橋の地を選んだ自身の決断に間違いがなかったことを再確認した。

 
 夏のインターハイ準決勝で敗れた宿敵・流経大柏を撃破し、前橋育英が初優勝を飾った高校サッカー選手権。1月8日に行なわれた決勝は至る局面で激しい球際の攻防が繰り広げられ、”絶対に負けたくない”という想いが伝わってくる好ゲームとなった。
 
 その中で成長の跡を示した男がいる。新潟入団内定の渡邊泰基(3年)だ。正確な左足のクロスと縦への突破。以前は苦手だった対人プレーでも懸命に食らいつき、相手に自由を与えなかった。「1対1をずっと強化してやってきた。どう評価してもらえるか分からないけど、良くなってきた。春先と比べたら、カバーリングも意識するようになり、改善されてきたと思う」という言葉からも渡邉の成長ぶりが窺えた。
 
 昨年から左SBでレギュラーを任されていた渡邊は「攻撃が好き」という言葉通り、アタッキング能力を高く評価されていたが、一方で守備面には多くの課題を残していた選手でもある。だからこそ、今年はディフェンス面の改善に時間を割き、個のスキルに長けたチームメイトたちとハイレベルなトレーニングを行なった。
 
「練習からいい選手がたくさんいたので、自分の成長につながった。そういう意味では前橋育英を選んで良かったなと思う。練習の中で飯島と1対1をやることもあるので、練習から意識してやれるようになったのは大きかった」(渡邊)
 
 仲間との1対1は常に全国レベル。自ずと対人プレーの強化を図る場となり、自身のウイークポイントは日々鍛えられていった。

  そして高次元の練習は弱点強化とともに、持ち前の攻撃力を磨くことにもなる。CBにはG大阪入団内定の松田陸がおり、これ以上ない相手とのマッチアップで自身の武器にさらに磨きがかかった。その結果、来季から中学時代を過ごした新潟への入団を勝ち取ったが、こうした攻守両面での成長がなければ、プロ入りもなかったはずだ。

【男子決勝PHOTO】流経大柏0-1前橋育英 悲願の初優勝!後半AT弾で流経大柏との死闘を制す!
 
 ただ、本人は日本一を成し遂げたものの、今回の結果に必ずしも満足はしていない。選手権でもっと活躍できれば、大会優秀選手にも選ばれ、高校選抜入りを果たせたかもしれない悔しさがあったからだ。

「この大会を優勝で終えられて嬉しかった。でも、個人としてはそこまでいいプレーをしていない。チームが勝てたことは嬉しいけど、ここから先はそんなに甘くはない。もっとこだわって練習をして、活躍できるようにしたい」
 
 選手権で得た自信と飽きなく向上心で1年目から出場機会を掴めるか。日本一という称号を得たタイガー軍団の技巧派SBは、最高の結果を手にして高校生活に別れを告げ、新たな世界へと飛び込む。
 
取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
【選手権】就任36年目の大願成就!! 山田耕介監督が歓喜の輪に加わらなかった理由
『サッカーダイジェスト』が選ぶ選手権ベスト11! 2トップは得点王&J内定選手に
【選手権】徹底マークのなかで放った輝き!! 今大会のプロ内定選手の活躍ぶりをチェック
流経大柏の2年生CB関川郁万、痛恨の失点に悔しさ露わ「インターハイで得点されていない選手に…」
【選手権】シンデレラストーリーの終わり…決勝弾の2年生FW榎本樹が口にした決意

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ