【選手権】徹底マークに苦しんだ神村学園の超逸材・髙橋大悟が号泣 「自分のせいで負けた」

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年01月03日

足を引きずりながら懸命のプレー。

厳しいマークに遭いながら鋭い動き出しでチャンスを作り出した髙橋。だがゴールをこじ開けることはできなかった。写真:末永裕樹

画像を見る

[高校サッカー選手権3回戦] 神村学園0-1矢板中央/1月3日/浦和駒場
 
 涙が止まらなかった。
 
 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間はキャプテンとして気丈に振る舞っていた神村学園の髙橋大悟は、しかしベンチに入れなかった部員たちが待ち受ける応援席の前に来ると号泣した。
 
 前半15分、CKから許した1点が重くのしかかる。後ろに引いた矢板中央の堅牢をなかなか崩せない。
 
 有村圭一郎監督が「もう少しよく見てくれ」と審判に抗議したほど、髙橋に対するチャージは厳しく、ファウルを受けて左足を引きずる場面もあった。
 
 それでも、なんとかゴールをこじ開けようと、得意の左足で3本、警戒されていない右足で2本、両チーム最多の5本のシュートを放った。とりわけ、後半22分にエリア内から放ったシュートは決定的だったが、敵のDF髙島祐樹にゴールラインぎりぎりでクリアされてしまう。
 
 最後まで1点が遠かった。
 
 目を真っ赤に染めた髙橋は、声を振り絞って自分を責めた。
「悔しい。相手がすべてにおいて上だった。自分のせいで負けてしまった。(インフルエンザで欠場したDF大迫龍太、MF田畑拓武、MF和田駿斗の)3人に申し訳ない。もっと相手にとって恐い選手にならないといけない」
 
 3試合を戦った今大会は、チームの全得点である2ゴールを挙げ、ベスト16入りの原動力となった。だが、初失点を喫して劣勢に立たされたチームを救うことはできなかった。
 
「(大会を通じての自己採点は)50点です。48点がこれから成長していくうえで必要なことを学べたこと、残り2点は2得点の分です」
 
 清水エスパルスへの入団が決まっている。次なる舞台は、Jリーグだ。
「こういう悔しい思いをしないためには、自分がもっとレベルアップするしかない。日本を代表する選手になりたい」
 
 屋久島が生んだ超逸材が、次のステージでどんな活躍を見せてくれるのか。この悔しさをバネにさらなる飛躍を遂げてほしい。
 
取材・文●江國森(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ