【選手権】キャプテン翼のツインシュートを完全再現!青森山田の2枚看板が放った衝撃弾の真相

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年01月02日

ほぼ同時にシュートを打ちに行ったが、先に触ったのは...

ふたりが放った渾身の一撃。写真の通り、ほぼ同時に触った形でゴールが決まった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

まさにツインシュート!青森山田の10番・郷家と11番・中村が1枚目の写真のように阿吽の呼吸で衝撃のスーパーゴールを決めた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校サッカー選手権2回戦]青森山田 5-0 草津東/1月2日/フクアリ

 キャプテン翼の一場面が再現されたようなスーパーゴールが生まれた。
 
 2日にフクダ電子アリーナで初戦を戦った青森山田は草津東を5-0で撃破。3日の3回戦へと駒を進め、連覇に向けて好調な滑り出しとなったが、この試合で忘れてはならないのが4点目の得点だ。

 衝撃のゴールが決まったのは後半20分。佐藤拓海(3年)からラストパスを受けた11番の中村駿太(3年/山形入団内定)が華麗な反転から左足でシュートモーションに入った。すると、このターンにもうひとり反応。10番の郷家友太(3年/神戸入団内定)が、右足を振り抜きにかかった。このタイミングが驚くべきことにほぼ同時で、ふたりの足から放たれたシュートは、まるでキャプテン翼の大空翼と岬太郎が得意とするツインシュートのような形でゴールへと吸い込まれたのだ。
 
 試合後、この衝撃弾を振り返った中村は「シュートを打ち抜きました」と話し、ボールに触ったことを証言。一方の郷家も「正直に言うと触っていました。同時に打った感じだったと思います」と説明し、チームの4点目がツインシュートから生まれたものだと明かした。
 
 注目の得点者は僅かながら後にボールへ触れていた中村のものとなった。「駿太が喜んでいたので、もう自分のゴールでなくてもいいかなと。駿太が先に喜んでいたので譲りました(笑)」と郷家が冗談を交えながら、ゴールが決まった瞬間の出来事を明かしたが、郷家と中村のふたりで決めたゴールに違いはない。
 
 偶然にも漫画に出てくる大空翼は背番号10、岬太郎は背番号11を付けており、ふたりとシンクロする。3日の3回戦・長崎総科大附戦も、大技を決めた青森山田のプロ内定者コンビから目が離せない。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】2回戦 青森山田5-0草津東 昨年王者の青森山田が貫禄の5発で勝利!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ