【選手権】監督の「何もできていない」に発奮。日章学園の河原淳が見せた「やってやろう!」

カテゴリ:高校・ユース・その他

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2018年01月02日

「追い越す動きをしたら何かが起こると思った」

2ゴールと高い決定力を見せた河原淳。献身的なプレスで佐藤颯汰の同点弾も演出している。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校サッカー選手権2回戦]日章学園4-1佐賀東/1月2日/味フィ西
 
 日章学園の9番、河原淳は気合十分で佐賀東戦に臨んでいた。「1試合目のあとに『何もできてない』と監督から言われて、『やってやろう!』と」。そして、その言葉どおりの活躍を披露する。
 
 1-1で迎えた19分、まずは左足での勝ち越し弾。
「(ギラヴァンツ北九州への入団が内定している佐藤)颯汰くんがサイドを抉ってくれたので」
 いとも簡単に得点したように言うが、ゴール前でフリーになる技術とシュートを浮かさぬ落ち着きは見事だった。
 
 そして67分には、敵将の蒲原晶昭監督に「3点目が……」と言わしめたゴールを沈める。「ここにくるかな」という嗅覚を存分に発揮してのダイビングヘッド。スコアを3-1にするとともに、チームにその後の余裕ある試合展開をもたらした。
 
 ただ、得点力だけが河原の特長ではない。日章学園の早稲田一男監督は0-1からの佐藤颯の同点ゴールを「河原がフリーランニングで長い距離を走ってくれたから」と振り返ってくれた。
 
 では、本人はあのシーンをどう考えているのだろうか。試合開始早々の5分にリードされた4分後のプレーを話してもらった。
 
「自分でボールを奪取して颯汰くんにパスをしたけど、守備から攻撃に移った瞬間はチャンスになる。奪っただけで終わらず、追い越す動きをしたら何かが起こると思った」
 
 高い位置からの献身的なチェイシング、守から攻への切り替え、プレーに継続性を生み出す止まらぬ動き。快勝の立役者と断言して、文句はないはず。それほどまでに、河原は充実したプレーを見せてくれた。
 
 次戦は流経大柏が相手だ。インターハイ王者相手に“らしさ”をどれほど出せるか。
「夏にテッペンを獲ったチームにどこまでできるか。チャレンジしたいし、楽しみたい」

 もしかしたら――。河原のパフォーマンスには、そう思わせるだけの力強さがあった。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【選手権PHOTO】2回戦 日章学園 4-1 佐賀東 佐藤颯汰の同点弾から流れを引き寄せ日章学園が3回戦進出!
【関連記事】
【選手権】明秀日立が星稜をシャットアウト! 若き知将が胸を張った“守備のこだわり”
【選手権2回戦】夏の王者と前回王者が初戦を突破! 優勝候補の一角“赤い彗星”が敗退…
【選手権】開始3分で値千金の決勝弾! 米子北の“黄色いスパイクの仕事人”
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たち❤
【セルジオ越後】今の本田のレベルなら、代表復帰はあり得るかもね

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ