乾が驚異の「8点超え」で香川と吉田も高評価!日本人欧州組の「採点」をまとめて紹介

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年12月20日

MOMとベスト11に輝く活躍。

今シーズン初ゴールを奪い、2位バレンシア撃破の立役者となった乾。ここ5試合で4勝1分けと好調のチームを支えている。(C)Getty Images

画像を見る

 欧州主要リーグでプレーする日本人選手の採点を、ウェブサイト『WhoScored.com』のレーティングを基にまとめて紹介する。
 
 評価は10点満点で、新聞や放送メディアなどの点数より全体的に高めとなっており、6.5点が及第点といったところだ。
 
 ダントツの8.40点を叩き出したのが、エイバルの乾貴士だ。2位バレンシアとのホームゲーム、0-0で迎えた49分にこぼれ球に反応して右足を振り抜き、待望の今シーズン初ゴールをゲット。いったんは同点に追いつかれたものの、終盤に勝ち越したエイバルがここまで1敗していなかったバレンシアに土をつけた。
 
 両チーム最高点の乾は、同サイトが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出。バルセロナのリオネル・メッシやルイス・スアレスらとともに、リーグ別のベスト11にも輝いている。
 
 対照的に、同じリーガ勢の柴崎岳(ヘタフェ)は、ジローナ戦で66分から途中出場したものの、見せ場を作れなかった。チームも0-1で敗れ、6.08点に終わっている。
 
 王者チェルシーとの一戦に臨んだサウサンプトンの吉田麻也は、キャプテンとしてフル出場。絶好調のエデン・アザールに手を焼きながらも、要所を抑えた粘り強い守備を披露した。
 
 前半終了間際にマルコス・アロンソにFKを叩き込まれ、0-1で敗れたとはいえ、7.26点の高評価。GKフレイザー・フォースターに次いで、チームで2番目に高い点数だった。
 
 前節にそのサウサンプトンから2ゴール・1アシストを記録し、圧巻の9.18点をマークしたレスターの岡崎慎司は、3日後のクリスタル・パレス戦でまさかのスタメン落ち。13分しかプレー時間が与えられず、6.08点という低評価もやむなしか。
 
 苦境に立たされているのが、インテルの長友佑都だ。5試合連続で出番がなく、チームもウディネーゼに今シーズン初黒星(1-3)を喫している。ただ、左SBのレギュラーを争うサントンが、2失点の原因となるミスを犯しており、次節のサッスオーロ戦でスタメンの座に返り咲く可能性もある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ