【藤田俊哉の目】ハリル監督は解任されてしかるべき… もはや期待感より不安が大きい

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月18日

これを完敗と言わずしてなんと言うのだろう。

ハリルホジッチ監督率いる日本代表の勝利を信じていたという藤田氏だが、期待は見事に裏切られた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[E-1選手権]日本1-4韓国/12月16日/味スタ
 
 東アジアの王者を決めるE-1選手権で、日本は最終戦で韓国に敗れ、2大会ぶりのタイトルを逃した。
 
 イギリスのリーズの地でひとりテレビ観戦していたが、驚きとともに、このニュースを受け止めていた。リーズのスタッフにそのことを伝えても興味を示さないのは当然として、こちらのメディアでは、「JAPAN」と「KOREA」の伝統の一戦は、残念ながら、結果すら流されることもない。

 
 しかし、ただ敗れただけでの話ではない。1対4というスコアは衝撃的だった。韓国相手に4失点を喫したのは、じつに38年ぶりのことらしい。ハリルホジッチ体制になって、最多の失点数となる。まさに歴史的大敗となってしまった後には、ワールドカップで勝つことなんて夢のまた夢のように思えてしまう。おそらく勝つだろうと予想していた僕の見立ては甘かった。ハリルホジッチ監督に対しても、Jリーグ組に対しても「やってくれるはずだ!」という思いを寄せていただけに、あまりにショックが大きく言葉にならない。
 
 あらためて韓国戦の内容に触れる必要もないだろうが、開始3分にPKで先制しながら、その後は防戦一方の展開へ。リードしているはずの日本が、ホームというアドバンテージを受けながら、韓国に攻守両面で圧倒された。「ショートカウンター」が生命線であるハリルホジッチサッカーの基本戦術において、「高い位置からのボール奪取」をベースとしたディフェンスがまったく通用せず、逆転負けを喫した。これを完敗と言わずしてなんと言うのだろう。
 
 今回の韓国戦は、半年後のワールドカップを占ううえで絶好のチャンスだと考えていた。タイトルをかけたプレッシャーのかかるなかで、ライバル韓国と真剣勝負の舞台を迎えた。しかもワールドカップのメンバー入りがかかっている状況にあったのだから、激しくファイトし、アピールしなければならないはずが……、パスをつなぐこともできなければ、相手にプレッシャーをかけてボールを奪うこともできなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ