【ACL】「もう辞めようかな(笑)」念願のタイトル獲得に興梠慎三は安堵の表情

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2017年11月26日

「個人的にコンプリートできた」

念願のACL制覇を果たした興梠。試合後にはサポーターと喜びを分かち合った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACL決勝 第2戦]浦和 1-0 アル・ヒラル/11月25日/埼玉スタジアム2002

 アル・ヒラルとのACL決勝・第2戦を制し、アジア王者に輝いた浦和で試合後に安堵の表情を浮かべていたのが興梠慎三だ。
 
「このタイトルを獲ると言いながら、なかなか獲れずにきた。でも一番大きい大会で、一番難しいタイトルをレッズの全員で勝ち取れたことを嬉しく思います。個人的にこれで(タイトルは)コンプリートしたので、もう辞めようかな(笑)」
 
 興梠は鹿島時代を含め、Jリーグ、ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)、天皇杯と8つのタイトルを獲得してきた。しかし唯一、手にできていなかったのがACLのトロフィーであり、大会制覇を悲願としてきた。その目標が叶った嬉しさから「辞めようかな」という冗談が口をついたのだろう。
 
 もっともこれで今季の戦いが終わったわけではない。リーグ戦では20ゴールと、得点ランキングトップタイに立ち、11月29日の33節・川崎戦と12月2日の最終節・横浜戦は重要な2連戦となる。
 
 ACL制覇に続き、初のJリーグ得点王にも輝けるか。チームタイトルと個人タイトルの“ダブル獲り”となれば、それこそ「引退しても良い」と言えるほどの充実したシーズンになるのだろう。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【ACL採点&寸評】浦和 1-0 アル・ヒラル|R・シルバが最高点の「8.5」!大会MVPの柏木も評価
【セルジオ越後】アジアを制したレッズの戦いぶりは、ハリルにヒントを与えるかも!?
浦和の堅守をアル・ヒラル指揮官も称賛!「MFの選手がとても強かった」
英国人記者が見た浦和のアジア制覇「CLファイナルにも勝る興奮と感動があった」
レッズは4回負けたが…韓国メディアは浦和のアジア制覇をどう伝えた?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ