レジェンドの背中が教科書だった――38歳の伝道師・坪井慶介が現役にこだわる理由

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2017年11月23日

坪井にとって手本であり、教科書だったのが「アジアの壁」と呼ばれた井原だった。

今季限りで湘南を退団する坪井だが、現役を続ける意向だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月15日。J1昇格を決めた湘南ベルマーレの練習場・馬入ふれあい公園サッカー場天然芝グラウンド。台風の影響で冠水したピッチはほぼ回復。にぎやかな声と曺貴裁監督の声が飛び交う、いつもの風景があった。

 
 全体練習が終わり、選手が三々五々、引き上げるなか、念入りにストレッチを行ない、ピッチを走る姿があった。
 
 坪井慶介、38歳。
 
 簡単な取材を終えると坪井は「じゃ、また」と言い、そっと右手を差し出した。初めてのことに戸惑いながら、握手を交わした。
 
 なぜ、坪井は握手を求めたのか? 答えは2時間後に分かった。チーム関係者から坪井の今季限りの契約満了が内々に告げられた。
 
――◆――◆――
 
「守備についていろいろ教えてもらい、参考にした部分、学ぶことが多かった」(浦和DF/遠藤航)
「ツボさんが一生懸命やっているのに、若い俺らがサボるわけにはいなかった」(浦和MF/菊池大介)
「ゲームでマンマークになった時、一番、嫌なのはやっぱりツボさんかな」(湘南DF/岡本拓也)
 
 スピードと読みの良さを兼ね備えた坪井の守備はいまでも衰えていない。
 
 遠藤、菊池らが主力としてJ1を戦った2015年。36歳の坪井が湘南に加入した。若手が多く、入れ替わりの激しい湘南で坪井は何か説教じみたことを言うわけではなく、ピッチ内外の自身の姿を見せ、“良き手本”となった。
 
 その坪井にとって、手本であり教科書だったのが現役時代「アジアの壁」と呼ばれ、今季はJ2アビスパ福岡で指揮を執る井原正巳だ。
 
 遡ること、15年前の02年。当時、浦和は育成の名手、ハンス・オフト監督のもと、強豪への足掛かりを築いていた。坪井は、そうした時期に福岡大から加入した。選手寮「吾亦紅」には当時、坪井のほか、田中達也、山岸範宏ら若手とともに35歳の井原も寝食を同じくした。
 
 起床後にストレッチをし、食事を摂り、練習で汗を流し、入念に治療をする。多くを語らない井原の一挙手一投足を、坪井らは見続けた。また寮内の風呂では背中を流しながら、自身が戦った98年フランス・ワールドカップの話を聞き、大舞台に思いを馳せた。
 
 背中で語る姿。井原正巳と坪井慶介が自然と重なる。
 
「とても畏れ多い。いまの自分が当時の井原さんのようになっていない、それだけ大きい人。近づけているのかどうかも……。井原さんがかつて僕らに見せてくれたようなプロフェッショナルな姿を言葉だけでなく、伝えなければならない、そう強く思った」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ