プレーできるが、勝負ができない日本勢――ACLで苦戦を続ける理由

カテゴリ:Jリーグ

熊崎敬

2014年05月08日

広州に勝てないのは「外国人格差」。

わずかな隙がACLでは致命傷に。セレッソは大量5失点を喫し、ホームで広州恒大に惨敗した。 (C) Getty Images

画像を見る

 1勝2分け6敗、9得点・25失点。
 
 これは日本勢と、中国王者にしてアジア王者の広州恒大とのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での対戦成績だ。年間予算100億円を超える金満広州に、Jリーグ勢はまったく歯が立たない。
 
 Jリーグ勢はなぜ、広州に勝てないのか。
 
 その最大の要因は、外国人格差だ。
 
 広州は11年の昇格以降、バリオス、コンカ、ムリキ、エウケソン、ディアマンティといった南米、ヨーロッパの働き盛りの実力者を雇ってきた。Jリーグ勢との対戦では全25ゴール中、実に22ゴールを、この頼もしい傭兵たちが叩き出している。
 
 長居の一戦では、ワールドカップ得点王のフォルランに打倒広州の期待がかかった。だが、1アシスト止まり。反対にムリキ、エウケソンに4ゴールを決められた。結果は、1-5の惨敗だ。
 
 日本勢は、もう何度も同じ失敗を繰り返している。
 
 ここからなら撃たれないだろう、という距離や角度、体勢からシュートを決められている。セレッソもセンターバックふたりがわずかな隙間をムリキに抜けられ、あっさりと先制点を失った。
 
 こういうのはJリーグなら事故にならずに済むかもしれないが、広州の外国人は見逃してくれない。これがレベルの違いだ。
 
 こうした失点の数々が物語るのは、Jリーグのセキュリティーの甘さだ。日頃、高いレベルで切磋琢磨していないため、強烈な外国人が出てくると戸惑ってしまう。思考が停止して、ファウルで止めることもできない。これではカモにされる。
 
 ムリキやエウケソンは「日本人はなんてお人好しなんだ」と思っているのではないか。
【関連記事】
止まらない湘南ベルマーレの快進撃 J2新記録・開幕10連勝の原動力は「矢のようなスプリント」
J2タイ記録の開幕8連勝! 「Jリーグ版チリ代表」湘南ベルマーレが貫く信念と覚悟
【2014 J1結果・採点|10節】仙台対川崎
長谷川アーリアジャスールに欧州から熱い視線が! ディ・マルツィオが紹介
【セルジオ越後の天国と地獄】貫録や意気込みが感じられなかった日本勢

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ