• トップ
  • ニュース一覧
  • 英国人記者が見たベルギー戦「日本は世界に健闘した」「若きJリーガーは海外を意識せよ」

英国人記者が見たベルギー戦「日本は世界に健闘した」「若きJリーガーは海外を意識せよ」

カテゴリ:ワールド

スティーブ・マッケンジー

2017年11月15日

長澤はベルギーを相手に勇敢なプレーを見せた

積極果敢なプレーでチームにテンポを生み出した長澤。守備でもきちんとリカバーをこなすなど献身性を発揮した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 欧州のトップリーグで輝きを放つ実力者たちを揃えるベルギー。結論から言えば、そんな強豪を相手に日本はよく戦ったと思う。
 
 結果は0-1の敗戦に終わったが、彼らは70分以上も、互角かそれ以上に戦えていた。レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)のファンが指笛を鳴らし、自軍のパフォーマンスに対して失望を露にしたのは、日本がしっかりと戦えていた証だ。
 
 なによりも素晴らしかったのは立ち上がりの振る舞い。とりわけ、最初の30分間は精力的にハイプレッシャーを仕掛け、チーム全員でベルギーに自由を与えなかった。実際、試合後に相手の主将であるヤン・ヴェルトンゲンは、「相手の圧力をかわすのに手を焼いた」と話していたほどだ。
 
 しかし、日本はその自分たちの時間帯に得点を挙げられなかった。鋭いパスワークで随時揺さぶりをかけたが、サムライブルーの戦士たちはラストパスの精度を欠いてしまったのだ。FWの浅野拓磨も味方からパスを引き出せず、決定機に恵まれなかった。
 
 そうした中で目を引いたのが長澤和輝の動きだった。かつてケルンでもプレーしていた若武者は、積極的にボールを求め、シンプルかつ正確なパス捌きでチームにテンポを生み出していた。ミスをしてもその責任に囚われることなく、勇敢にプレーし続けた点は、十二分に評価できる。
 
 そんな日本の脅威となったのが、ケビン・デ・ブルイネだ。
 
 試合前に「ディフェンシブすぎる。戦術面でメキシコのほうがよっぽど良かった」と痛烈なチーム批判を展開して注目を浴びたMFだが、この日は組み立てからフィニッシュワークに至るまで、ありとあらゆる役割をこなして攻撃の軸となっていた。
 
 日本は、65分にベンチに下がるまで洗練された動きを見せ続けたデ・ブルイネの対応に追われ、彼がボールを持つたびに後退を余儀なくされた。しかし、彼がマンチェスター・シティで、ジョゼップ・グアルディオラ監督の薫陶を受け、プレミアリーグの舞台で躍動していることを考えれば、それは当然の流れだったかもしれない。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!
【関連記事】
ベルギー・メディアは日本戦をどう伝えたのか「風船を割りそうだったのはむしろ…」
【日本0-1ベルギー|採点&寸評】個人技で押し切られて終盤に失点…R・ルカクの一発に沈む
ベルギー代表CBが日本のアタッカー陣に舌を巻く「驚いたよ。あんなに躍動感があるなんて…」
「日本には手を焼かされたよ」ベルギーの主将ヴェルトンゲンがハリルジャパンを称えた
驚きの事実が明らかに! ベルギーvs日本戦はテロの脅威で中止寸前だった

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ