大一番でハットトリック! 今予選11得点のエリクセン「よりストライカーの思考になってきた」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月15日

「2点目のゴールは他のものよりも良かった」

第1レグではチャンスメイクで貢献したエリクセンは、運命の第2レグで得点力を爆発させ、デンマークを本大会へ導いた。来夏、初の大舞台でどれほどの輝きを放つのかが楽しみだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフの第2レグで、デンマークはアイルランドを5-1の大差で下し、2大会ぶり5回目の本大会出場を決めた。

 敵地で開始早々に先制を許し、苦しい展開になると思われたが、32分に追い付き、さらにその3分後に勝ち越し。後半になると、より攻撃に力を入れたホームチームの守備の穴を見逃さず、デンマークは狙い通りの展開から3ゴールを挙げた。
 
 デンマーク国民が歓喜したこの一戦で、最も存在感を放ったのが、背番号10のエース、クリスティアン・エリクセンだ。
 
 32分にダイレクトで勝ち越しゴールを決め、63分にはよくコントロールされた技ありシュートをゴール左隅に突き刺す。さらに74分、相手DFの致命的ミスからルーズボールを豪快に叩き込み、この大一番でハットトリックを達成してみせた。
 
 試合後、殊勲の25歳は「2点目のゴールはとてもテクニカルなもので、他のゴールよりも良かった」と自画自賛した。(『BBC』より)
 
 今予選では11ゴールを決め、代表通算ゴールを21に伸ばした彼は、自身の成長にも手応えを掴んだようだ。
 
「精神面で成長できたと思う。よりストライカーの思考になってきた。今はパスよりも、シュートを選ぶようになっているんだ」
 
 ロシア行きの原動力となったエリクセンについては、オーゲ・ハレイデ監督も称賛の言葉を惜しまない。
 
「ファンタスティックな選手だ。周囲の選手にインスピレーションを与えてくれている。まさにワールドクラスの存在。チームメイトたちと苦労しながらも、この難しい試合で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」
 
 代表チームだけでなく、所属クラブのトッテナムでも快進撃の原動力となっているエリクセン。チャンスメイクの能力にも長ける彼の価値、注目度は高まる一方である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ